格安放出が続くマイニング用GPUは狙い目か?

GPUはゲーミングPCの「核」となるパーツですが、一方でその価格に頭を悩ませる方も多いようです。特に2台目、3台目のPCには高価なGPUを積むのはためらわれるもの。そこでおすすめなのが中古GPUです。

今回は、「マイニング用」として販売されていた格安の中古GPUに目を向けてみたいと思います。

単価6000円を切るマイニング用RX470

2017年から2018年にかけ、「超バブル」とも呼ばれた仮想通貨市場ですが、最近は落ち着きを見せています。そのため、仮想通貨市場に釣られて盛り上がった「マイニングブーム」も一時の勢いがありません。

このマイニングブームで大量に購入されたGPUの一部が、PCパーツ市場に出回っているのです。2019年1月には、一時は品薄で入手困難だった「RX470」がなんと5980円で投げ売りされているというニュースがありました。

ちなみにRX470は、まだまだ現役として使用できるミドルレンジクラスのGPUです。スペックと性能を簡単に説明します。

AMD RX470のスペックと性能

AMD RX470のスペック

プロセスルール 14nm FinFET
演算ユニット数 32基
シェーダープロセッサ数 2048基
動作クロック 926~1206MHz
TDP 120W

AMD RX470の性能

3DMARK TimeSpy 3904
3DMARK Firestrike 10259
FF14ベンチマーク 紅蓮の解放者 9973

性能面では「GTX1050Ti以上、GTX1060 3GB未満」に収まるイメージでしょうか。RX470は2016年8月に発売ですから、2年半ほど前のGPUです。(2019年1月時点)nvidiaのGPUと比較すると「GTX1060 3GB版」がライバルと言えるでしょう。

単価6000円で買えるGPUとしては破格の性能

このように、マイニング用途として使われていたRX470は、ゲーム用途として見た場合、2万円以上の価値があることがわかります。nvidiaがRTXシリーズをリリースし、AMDが次世代GPUのリリースを目前に控えている今でも、十分に現役として使用できます。

ちなみに、かなり格下のGPUである「GTX750Ti」も、中古価格は6000~7000円です。いかに、マイニング用RX470のコストパフォーマンスが高いかがわかりますね。ただし、今回の投げ売り騒動は店頭販売のみ。これをネットで購入するなら、大手BTOショップの中古販売がおすすめです。

例えば中古パーツを手掛けるドスパラでは、RX470が9490円で販売されています。(2019年1月時点)

中古でそこそこ使える格安GPUとしては、最強候補の一角といっても過言ではないでしょう。初期不良に対して1週間の保証もあり、しっかりとチェックされたパーツばかりですから安心できます。

ネットオークションを使えば、もう少し安く入手できるものの、GPUやCPUは管理や使用履歴が見えないため、個人的には不安ですからね。低価格でTDPも120Wと低いので、これまでCPU内蔵グラフィックのみで遊んでいたユーザーの「最初の一枚」としてもおすすめできます。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年2月更新

2019.02.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01