最新版!GTX1650搭載ゲーミングPCのおすすめモデル

GeForce GTX16シリーズで一番安いグラフィックボードがGTX1650です。GTX1050の後継で、とにかく安いことが魅力です。

すでにGTX1650搭載ゲーミングPCが各社から発売されています。では本当にGTX1650搭載ゲーミングPCでいいのでしょうか?メリット、デメリット、選び方、おすすめモデル等を解説していきます。

GTX1650搭載ゲーミングPCを選ぶメリット

GTX1650搭載ゲーミングPCのメリットはただひとつ。安いことです。最安値のデスクトップなら10万円以下で購入できます。高いものでも15万円以下です。10万円前後の予算で考えているならGTX1650が最有力候補です。

一方でデメリットは性能が低いことです。GTX1650の性能を100とした場合、GTX1660は160、GTX1660Tiは200くらいです。かなり大きな差がありますよね

だから遊べるゲームは自然と限られてきます。現在一番重いゲームが推奨するグラフィックボードがGTX1060 6GBで、GTX1660に近いスペックです。つまりGTX1650では全然足りません。

ただ画質さえ下げればGTX1650でも60fps以上出せるものが多いので、あまり重いゲームをプレイしないか、あるいは画質にこだわりがない人にはGTX1650をおすすめできます。

GTX1650をおすすめしたい人

つまりRTX2060搭載ゲーミングPCを選ぶべきなのは以下のような人です。

  • 10万円前後のゲーミングPCが欲しい人
  • 軽いゲームしかプレイしない人
  • 低画質でも気にならない人

重いゲームをプレイしたいなら、最低でもGTX1660Ti搭載ゲーミングPCを選んだほうがいいです。最新FPSで144fps以上を出したいならRTX2070搭載ゲーミングPC、あるいはそれ以上をおすすめします。

GTX1650と組み合わせるおすすめパーツ

せっかく安いGTX1650を選ぶのですから、他のパーツもある程度安いものにしたほうがいいです。というのも、CPUを高性能にするくらいなら、グラフィックボードをもっと良いものにしたほうがいいからです。

だからおすすめのCPUはCore i5-9400F、Core i5-9400、Core i5-8500です。快適性を考えるならCore i7-8700でもいいです。Core i7-9700K以上はやめておいたほうがいいです。勿体無いです。

メモリは8GBが最適です。快適性や将来性を考えるなら16GBにするのもありです。ここは悩みどころです。とりあえず8GBで購入しておいて、ゲーミングPCを使っていてメモリ不足に感じたら16GBに増設するのがおすすめです。

一方で妥協してはいけないのがストレージです。GTX1650搭載ゲーミングPCの安さをアピールしたいのか、PCメーカーはストレージ容量を少なくしていることがよくあります。

240GB SSDでは絶対に足りません。Windowsがインストールされて残り200GB、他のプログラムをインストールしたら残り150GBくらいになるでしょう。あと3つくらいしかゲームをインストールできません。

よって、最低でも240GB SSD + 1TB HDDにして購入することをおすすめします。個人的にはもうちょっとお金を出して、500GB SSD + 1TB HDDにしたいです。

おすすめのGTX1650搭載ゲーミングPC

GTX1650搭載ゲーミングPCには色々なモデルがあります。人気でおすすめのデスクトップとノートを選んでみました。

ドスパラ「ガレリア DH」


GTX1650搭載ゲーミングPCで一番売れているのがこのデスクトップです。Core i5-8500、メモリ8GBとお手本通りのスペックです。

ただ、ストレージは1TB HDDだけです。HDDだけだと動作が重いので、240GB SSDか500GB SSDを追加してから購入しましょう。

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610BA3」


価格もスペックも似ているGTX1650搭載ゲーミングPCがG-Tuneにあります。CPUはCore i5-9400、メモリは8GB、ストレージは240GB SSDです。

こちらのほうが新しいCPUですが、性能に大した違いはありません。ぶっちゃけどっちでもいいです。通常価格はドスパラのほうが安いので、私ならドスパラのほうを選びます。

ドスパラ「ガレリア XH」


CPUの性能を重視するならドスパラのCore i7-8700搭載ゲーミングPCをおすすめします。GTX1650にはCore i5のほうが適していることは確かですが、Core i7を選ぶメリットもあります。

例えば3年後にGTX1650の性能に限界を感じたら、グラフィックボードを交換すればいいのです。その際にCore i7ならCPUの性能に余裕があるため、ゲーミングPC全体を買い換えなくてもよくなります。長期的にはこちらのほうがコスパ抜群です。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年8月更新

2019.08.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01