40万円以上で買えるおすすめゲーミングPC

40万円を越えるゲーミングPCはハイエンド中のハイエンドです。モンスターマシンなんて呼ばれ方をします。ここまで来るとゲーミングPCの領域を越えます。少なくともゲームだけするならまったく必要ありません。

「ゲームもするけれど、エンコードを高速化したい。」「動画編集をサクサクにしたい。」「CPUをフル活用して演算したい。」みたいな用途には40万円以上のゲーミングPCが視野に入ってきます。

40万円以上のゲーミングPCのパーツ構成

40万円以上のゲーミングPCは数えるほどしかありません。だから自然とパーツ構成も限られてきます。

RTX2080Ti + Core i9-7980XE + メモリ32GB + 500GB SSD + 3TB HDD
GTX1080Ti SLI + Core i9-7920X + メモリ32GB + 500GB SSD + 3TB HDD

RTX2080Tiが1つと18コア・32スレッドのCPU、あるいはGTX1080Tiが2つと12コア・24スレッドのCPUです。CPU性能を重視するなら前者、グラフィック性能なら後者です。

GTX1080Tiが1つでもハイエンドとはいえ144fps出せないゲームはいくつかあります。今後さらに増えてくることは間違いありません。だからゲーミングPCとして長く使いたいならGTX1080Ti SLIのほうがおすすめです。

一方でエンコード速度を重視するならCPUの予算をつぎ込むのが正解です。メインストリームのCore i7-8700Kが6コア・12スレッドですからあまりにも性能が違います。ゲームをしながらエンコードしてもまったく影響受けないのは嬉しいですよね。

ゲーミングノートPCならGTX1080 SLIのモデルが買えます。GTX1080Tiよりも遥かに高性能になるので、どんなに重いゲームだろうとサクサクです。ただ、サイズが大きいため自宅専用だと割り切ったほうがいいです。

40万円以上のおすすめゲーミングPC

やろうと思えば100万円のゲーミングPCに仕上げることも可能ですが、60万円程度に抑えた上でコスパの良いデスクトップとノートパソコンを選んでみます。

ドスパラ「ガレリア VZ-X」


Core i9最強の「Core i9-7980XE」を登載したデスクトップです。これより上はワークステーションやサーバー用のXeonしかありません。Xeonだと100万円になることも珍しくないので、個人用途ならCore i9がベストです。

CPUを使ってやりたいことはすべて実現できます。特にエンコードを爆速にしたい人におすすめです。実際、エンコード好きのPCゲーマーがこのゲーミングPCを選んでいるそうです。

ドスパラ「ガレリア VZ-X SLI」


ゲーミングPCとしてもCPUフル活用PCとしても長く使いたいならこちらがおすすめです。Core i9-7920XとGTX1080Ti SLIの組み合わせです。これよりグラフィック性能が高いBTOゲーミングPCは他にありません。

SLIの性能は年々向上していて、場合によっては本当にGTX1080Tiの2倍のパワーを出せます。これはGTX1080Tiが1枚よりも2倍長持ちすることを意味しています。長い目で見たら実は意外と安いことに気付きますよね。

G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i71130SA1」


GTX1080 SLIを登載した最強のゲーミングノートPCです。他のBTOメーカーだとGTX1080 1枚が限界です。GTX1080Ti搭載ノートも存在しません。だから最強性能のゲーミングノートが欲しいならG-Tuneがおすすめです。

しかもCore i7-7700HQとは比較にならないほど高性能なCPU「Core i7-8700K」を採用しています。もうノートなのかデスクトップなのかよくわからない存在です。とにかく高速なのですべての人が満足できるノートPCだと断言できます。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2018年12月更新

2018.12.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2018.11.24