AMD Ryzen CPU搭載のおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCといえばNVIDIA GeForceシリーズのグラボとINTEL CoreシリーズのCPUを組み合わせたものが一般的です。しかし最近はAMD RyzenシリーズのCPUを搭載したゲーミングPCが増えてきています。

確かにマルチスレッドを重視するPCゲームが増えていることから、AMD Ryzenシリーズを搭載したほうが高いフレームレートを出せる場合があります。

AMD RyzenとINTEL Coreの違い

ではRyzenとCore iの違いって何でしょうか?同価格帯のCPUを比較してみると、Ryzenのほうがコア数やスレッド数が多いことに気付きます。つまりRyzenのほうがマルチスレッド性能に強いのです。

一方でCore iシリーズはシングルコア性能が強く、各種ベンチマークソフトでは高いスコアを出してきます。また多くのゲームがINTEL CPUの最適化されていることも忘れてはいけません。

ただ、Ryzenシリーズはスペックあたりの価格がINTELよりも安く、非常にコスパが良いので自作PCを組む人から人気があります。つまりPCゲームをして、さらに動画編集のような作業をする人にはRyzenシリーズがおすすめです。

ゲーミングPCにおすすめのRyzen

とはいえRyzenシリーズには様々な種類のCPUが存在します。Ryzen 3、Ryzen 5、Ryzen 7、Ryzen Threadripperの分類され、さらに細々としたモデルがあるので選ぶのが大変です。

ゲーミングPCにおすすめのRyzenはスレッド数が8以上、動画周波数が最大3.6GHz以上です。これらの条件を満たせば重いPCゲームもサクサク動かせます。(一番重いPCゲームのFF15が3.6GHz以上を推奨しています)

となると該当するのは以下のCPUです。

  • Ryzen 5 2600(6コア、12スレッド、最大クロック 3.9GHz)
  • Ryzen 7 2700(8コア、16スレッド、最大クロック 4.1GHz)
  • Ryzen 7 2700X(8コア、16スレッド、最大クロック 4.3GHz)

これらのどれでもコア数、スレッド数は十分です。動作周波数(クロック)は高ければ高いほどいいので、できればRyzen 7 2700Xをおすすめします。もう少し安いのが欲しい場合は、Ryzen 7 2700がおすすめです。

おすすめのRyzen搭載ゲーミングPC

Ryzen搭載ゲーミングPCを買うならドスパラがおすすめです。なぜならドスパラなら上記すべてのRyzen搭載ゲーミングPCが揃っていて、しかも安いからです。グラボの組み合わせも豊富です。

ドスパラ「ガレリア AF」


Ryzen 7 2700とRTX2070を組み合わせたハイスペックゲーミングPCです。RTX2070を搭載しているのに20万円以下で購入できるのは本当に激安です。ドスパラで一番売れているRyzen搭載ゲーミングPCなのも納得です。

ドスパラ「ガレリア AXG」


もっと高性能なゲーミングPCを買う場合は、Ryzen 7 2700XとRTX2080の組み合わせがおすすめです。RTX2080ならすべてのゲームで144fps以上を出せます。今後出てくる重いゲームにも対応できる優秀な性能を持っています。

ドスパラ「ガレリア AT5」


可能なら限り安く購入でき、そこそこの性能が欲しい場合はこのデスクトップがおすすめです。Ryzen 5 2600が格安ですし、グラボのGTX1660Tiはとても人気があります。ただGTX1660TiはRTX2070の6割くらいの性能しかないのでコスパでも負けています。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年5月更新

2019.05.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01