超小型!省スペースなデスクトップゲーミングPC

デスクトップゲーミングPCはミドルタワーやフルタワーが中心です。ミドルタワーでも高さが45cmを越えるものばかりなので、部屋が狭かったり机が小さかったりする人は置き場所に困ることでしょう。

そこで候補に上がるのが小型デスクトップゲーミングPCです。「え、小型!?どうせ低スペックなんじゃないの?」と思うかもしれませんが、普通のデスクトップゲーミングPCとほとんど変わらないハイスペック、ハイエンドも選べます。

小型デスクトップのメリット

小型ゲーミングPCのメリットは省スペースなことです。というかそれ以外にメリットはありません。それでも好きな場所に置けるのは素晴らしいメリットですよね。

普通だと机の上、机の下の二択です。でも小型なら液晶モニターの後ろ側に置いたり、ラックに横置きしたりと、とにかく置き場所を選びません。

ちなみに横置きできる小型デスクトップゲーミングPCは限られています。ほとんどが縦置き、あるいはキューブ型だからです。今のところドスパラのガレリア Sシリーズだけが縦置きと横置きの両方が可能です。

スペックは限られるものの、持ち運びも可能な手のひらサイズの超小型ゲーミングPCもあります。ただ、結局は液晶モニター、キーボード、マウスも持っていかなければならないので、液晶モニターをレンタルしてくれるオフラインイベントになら持ち運びを検討できます。

小型デスクトップのデメリット

一方でデメリットはいくつかあります。最大のデメリットは拡張性の少なさです。メモリは2スロットしかなく、最大で16GBまでしか搭載できないのが一般的です。

ストレージは一応追加可能ですが、小型ゲーミングPCってケースを開けるのが本当に大変です。ミドルタワーケースのようにネジを2つ外したらオープン!みたいにはいきません。

また熱問題もあります。最近のパーツはどれも熱を抑える優秀なものばかりとはいえ、ミドルタワーやフルタワーに比べるとパーツ同士の距離が近く、どうしても温度が上昇しやすいです。それなのにCPUクーラーの変更やケースファンの追加が不可能なので、部屋が暑いと大変なことになるかもしれません。

おすすめの小型デスクトップゲーミングPC

小型デスクトップゲーミングPCを販売しているBTOメーカーはそこまで多くありません。比較的力を入れていておすすめできるのはドスパラとG-Tuneです。

ドスパラ「ガレリア ST」


小型ゲーミングPCの定番はドスパラのガレリア Sシリーズです。グラフィックボードの選択肢が多く、エントリーモデルからハイエンドまで揃っています。また横置きと縦置きを選べるメリットもあります。

なかでも売れ筋なのがGTX1060を搭載したこのモデルです。今のところGTX1060はすべてのゲームをカバーできる性能を持っているので、ちょうどいい性能・価格を求めている方におすすめです。

ドスパラ「ガレリア SZ」


小型ゲーミングPCにもGTX1080Tiを搭載した最強ハイエンドがあります。最新ゲームをプレイしているとGTX1060だと60fpsがやっとですが、GTX1080Tiなら144fps出せます。

多くのゲームを快適にしたい!FPSやアクションゲームで勝ちたい!ゲーミングPCを長く使いたい!という方におすすめです。メモリ容量が16GBもありますから動画編集のようなゲーム以外の用途にもしっかり対応できます。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2018年12月更新

2018.12.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2018.11.24