30万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

25万円以下のゲーミングPCなら選び方はそこまで難しくありません。有線すべきパーツが決まっているのでシンプルです。CPUをハイスペックに、グラフィックボードをハイエンドにするのが定番です。

しかし30万円の予算になると様々な選択肢が出てきます。多くの場合はグラフィックボード、メモリ、ストレージを強化します。しかしすべてをハイエンドにしようとすると30万円を遥かに越えるので注意が必要です。

30万円以下のゲーミングPCのパーツ構成

25〜30万円のゲーミングPCのパーツ構成を考えた場合、以下の組み合わせが候補に上がります。

RTX2080Ti + Core i7-8700 + メモリ8GB + 500GB SSD + 2TB HDD
RTX2080Ti + Core i9-9900KF + メモリ16GB + 500GB SSD + 3TB HDD
RTX2080 + Core i9-9900KF + メモリ32GB + 500GB SSD + 3TB HDD

この3パターンが基本です。一番のおすすめは上のRTX2080 + メモリ32GBです。メモリは多くて困ることがありません。すでに16GB推奨のPCゲームが増えていることを考えると、32GBにしておいたほうが安定しますし、録画にも耐えられます。

普段使いのサクサク感を大切にしたいならSSDを強化しましょう。NVMe SSDは高額ですが、通常のSATA SSDより数倍も高速です。その威力は凄まじく、パソコンの起動だけでなくすべてのソフトウェアが爆速で動いてくれます。

もしもあなたがエンコードをしたいならCPUを優先するのもいいでしょう。グラフィックボードはRTX2070に落としつつ、CPUを高級にします。ただ、現状Core i9-9700KFのほうが高性能になってしまったのであまり意味がありません。これ以上CPUを高級にすると40万円以上になります。

だから30万円以下のゲーミングPCが欲しいなら、一番下か真ん中のどちらかを選ぶのがおすすめです。

なお、ゲーミングノートPCならRTX2070搭載モデルが限度です。ただしメモリは32GB、ストレージはNVMe SSDにできるのでデスクトップに負けない超高性能なモデルが入手できます。

30万円以下のおすすめゲーミングPC

30万円以下のゲーミングPCは基本モデルをそのまま買うよりも、カスタマイズを考慮したほうがいいです。また消費税・送料が上乗せされることを考えると25万円前後のゲーミングPCを選ぶのがおすすめです。

ドスパラ「ガレリア ZG」


ハイエンドゲーミングPCなのに発売間もなくドスパラの売れ筋ランキング3位に入った最強デスクトップです。人気があるけれど激重なPCゲーム「PUBG」推奨PCにも選ばれています。これをベースにするのが最高におすすめです。

CPUとグラフィックボードはそのままで十分なので、あとはメモリとストレージをどうするかです。メモリを32GBにするか、ストレージをNVMe 500GB SSDにするか選びましょう。

ドスパラ「ガレリア ZZ」


グラフィックボードをハイエンドのRTX2080Tiにするなら、このデスクトップゲーミングPCがおすすめです。ただしカスタマイズするとあっさり30万円を越えてしまうので注意してください。以前は40万円くらいしていたので随分と安くなりました。

G-Tune「ガレリア GCR2070RGF」


ゲーミングノートPCならこれ一択です。他のは選ぶ価値がありません。なぜならこのモデルが圧倒的にコスパ最強だからです。最上級なのに25万円程度で買えます。

だからまだハイスペックにできる余地があります。まずはメモリ16GBか32GBします。そしてストレージに1TB HDDを追加しましょう。最もバランスの取れたゲーミングノートPCが完成します。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年8月更新

2019.08.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01