20万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

CPU、メモリ、グラフィックボードのいずれかをハイスペックにすると15万円を越えて、20万円以下のゲーミングPCになります。ではどのパーツをハイスペックにするとコスパが良いのでしょうか。

基本的にはグラフィックボードが最優先です。GTX1070かGTX1080なら20万円以内に収まります。次にメモリです。新しいFPSやアクションゲームは16GBが推奨されていることが多いです。

CPUが重要なゲームもたくさんあるのですが、今のところCore i7-7700やCore i7-7700Kで大丈夫です。Core i5だとスレッド数が足りなくてボトルネックになることもあるので要注意です。

20万円以下のゲーミングPCのパーツ構成

15~20万円のゲーミングPCのパーツ構成を考えた場合、以下の組み合わせが候補に上がります。

RTX2070 8GB + Core i7-8700 + メモリ16GB + 240GB SSD + 1TB HDD
GTX1070Ti 8GB + Core i7-8700K + メモリ16GB + 240GB SSD + 2TB HDD

ほぼこのどちらかです。20万円以下のゲーミングPCはG-Tuneが圧倒的に安くておすすめです。ドスパラだと同じパーツ構成で20万円以上になってしまいます。

ただ、ミドルタワーではなく小型デスクトップというメリットを享受するならドスパラのほうがおすすめです。その場合はGTX1070Ti搭載の「ガレリア SV」が最有力候補になります。

ゲーミングノートPCならGTX1060搭載モデルが限度です。GTX1070搭載モデルだとどうしても20万円を越えてしまいます。一応最安値は20万円に収まるのですがストレージ容量が少なすぎて話になりません。

20万円以下のおすすめゲーミングPC

全体のバランスを重視するならRTX2060、グラフィック性能を優先するならRTX2070ですね。この条件にぴったりのゲーミングPCを見つけたのでご紹介します。

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im620SA2-SP」


バランスの良いRTX2060搭載ゲーミングPCです。Core i7-9700Kにメモリ16GBと全体的にハイスペックなパーツ構成です。ストレージも理想的な組み合わせです。

セールで安くなっていることもあるのですが、基本的にはぴったり20万円です。もしかしたら20万円を少しオーバーしてしまうかもしれません。

ドスパラ「ガレリア XF」


グラフィック性能をもっと高めたいならRTX2070 SUPERを搭載したドスパラのデスクトップゲーミングPCをおすすめします。ドスパラで一番売れているゲーミングPCらしく本当にコスパが良いです。しっかり20万円以下に収まっています。

しかもセールでさらに安くなっていたり、メモリが2倍になっていたりするので、比較してみると絶対にこちらのほうがおすすめです。全てのゲーミングPCを含めてもおすすめランキング1位にしたいデスクトップです。

G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i5565SA1」


高級なGTX1660Ti搭載ゲーミングノートPCです。メモリ16GB、512GB NVMe SSDと理想に近いパーツ構成です。欲を言えばストレージを1TB以上にしたいです。

ストレージ容量を増やしても20万円以下です。カスタマイズが面倒だと思うならシルバーモデルではなく、ワンランク上のゴールドモデルをおすすめします。そちらのほうが圧倒的に高性能です。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年8月更新

2019.08.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01