20万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

CPU、メモリ、グラフィックボードのいずれかをハイスペックにすると15万円を越えて、20万円以下のゲーミングPCになります。ではどのパーツをハイスペックにするとコスパが良いのでしょうか。

基本的にはグラフィックボードが最優先です。GTX1070かGTX1080なら20万円以内に収まります。次にメモリです。新しいFPSやアクションゲームは16GBが推奨されていることが多いです。

CPUが重要なゲームもたくさんあるのですが、今のところCore i7-7700やCore i7-7700Kで大丈夫です。Core i5だとスレッド数が足りなくてボトルネックになることもあるので要注意です。

20万円以下のゲーミングPCのパーツ構成

15~20万円のゲーミングPCのパーツ構成を考えた場合、以下の組み合わせが候補に上がります。

GTX1080 8GB + Core i7-7700 + メモリ16GB + 240GB SSD + 1TB HDD
GTX1070Ti 8GB + Core i7-8700K + メモリ16GB + 240GB SSD + 2TB HDD

ほぼこのどちらかです。20万円以下のゲーミングPCはG-Tuneが圧倒的に安くておすすめです。ドスパラだと同じパーツ構成で20万円以上になってしまいます。

ただ、ミドルタワーではなく小型デスクトップというメリットを享受するならドスパラのほうがおすすめです。その場合はGTX1070Ti搭載の「ガレリア SV」が最有力候補になります。

ゲーミングノートPCならGTX1060搭載モデルが限度です。GTX1070搭載モデルだとどうしても20万円を越えてしまいます。一応最安値は20万円に収まるのですがストレージ容量が少なすぎて話になりません。

20万円以下のおすすめゲーミングPC

全体のバランスを重視するならGTX1070、グラフィック性能を優先するならGTX1080ですね。この条件にぴったりのゲーミングPCを見つけたのでご紹介します。

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610PA1」


最安値のGTX1080搭載ゲーミングPCです。消費税と送料が加わっても20万円にはまだ余裕があります。だからまずストレージを強化しましょう。1TB HDDだけなんて遅くてイライラします。

おすすめは240GB SSD + 1TB HDD、あるいは240GB SSD + 2TB HDDです。さらにDVDドライブを搭載するのもありです。あるいはゲーミングデバイスのために残りの予算に余裕をもたせるのもおすすめです。

G-Tune「NEXTGEAR i690GA4」


ゲーミングPC本体を買い換えるきっかけって大抵の場合CPUの性能不足です。グラフィックボードやメモリは簡単に交換できてもCPUはそうもいかないからです。

だから始めから高性能なCPUを搭載させておいたほうが、結果的にゲーミングPCが長く使えるわけです。買い換える頻度が下げれば自然とコスパが良くなりますよね。そんなバランスの取れたゲーミングPCがこのデスクトップです。

G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i5560GA1」


ハイスペックなGTX1060搭載ゲーミングノートPCです。メモリは安定の16GB、ストレージは256GB SSD + 1TB HDDと大容量です。ただ私なら3倍以上高速なNVMe SSDに変更します。一気に爆速のサクサクマシンになりますからね。

グラフィックボードのGTX1060は、現在最も人気があります。ゲーミングノートPCには一番適しています。というのも、ノートPCの液晶は60Hzまでしか出ないので、144fps出す必要がなく60fps出せればいいからです。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2018年12月更新

2018.12.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2018.11.24