20万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

CPU、メモリ、グラフィックボードのいずれかをハイスペックにすると15万円を越えて、20万円以下のゲーミングPCになります。ではどのパーツをハイスペックにするとコスパが良いのでしょうか。

基本的にはグラフィックボードが最優先です。GTX1070かGTX1080なら20万円以内に収まります。次にメモリです。新しいFPSやアクションゲームは16GBが推奨されていることが多いです。

CPUが重要なゲームもたくさんあるのですが、今のところCore i7-7700やCore i7-7700Kで大丈夫です。Core i5だとスレッド数が足りなくてボトルネックになることもあるので要注意です。

20万円以下のゲーミングPCのパーツ構成

15~20万円のゲーミングPCのパーツ構成を考えた場合、以下の組み合わせが候補に上がります。

RTX2070 8GB + Core i7-8700 + メモリ16GB + 240GB SSD + 1TB HDD
GTX1070Ti 8GB + Core i7-8700K + メモリ16GB + 240GB SSD + 2TB HDD

ほぼこのどちらかです。20万円以下のゲーミングPCはG-Tuneが圧倒的に安くておすすめです。ドスパラだと同じパーツ構成で20万円以上になってしまいます。

ただ、ミドルタワーではなく小型デスクトップというメリットを享受するならドスパラのほうがおすすめです。その場合はGTX1070Ti搭載の「ガレリア SV」が最有力候補になります。

ゲーミングノートPCならGTX1060搭載モデルが限度です。GTX1070搭載モデルだとどうしても20万円を越えてしまいます。一応最安値は20万円に収まるのですがストレージ容量が少なすぎて話になりません。

20万円以下のおすすめゲーミングPC

全体のバランスを重視するならGTX1070Ti、グラフィック性能を優先するならRTX2070ですね。この条件にぴったりのゲーミングPCを見つけたのでご紹介します。

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im620GA2-SP」


最安値のRTX2070搭載ゲーミングPCです。消費税と送料が加わっても20万円にはまだ余裕があります。だからまずストレージを強化しましょう。1TB HDDだけなんて遅くてイライラします。

おすすめは240GB SSD + 1TB HDD、あるいは240GB SSD + 2TB HDDです。さらにDVDドライブを搭載するのもありです。あるいはゲーミングデバイスのために残りの予算に余裕をもたせるのもおすすめです。

G-Tune「NEXTGEAR i690GA4」


ゲーミングPC本体を買い換えるきっかけって大抵の場合CPUの性能不足です。グラフィックボードやメモリは簡単に交換できてもCPUはそうもいかないからです。

だから始めから高性能なCPUを搭載させておいたほうが、結果的にゲーミングPCが長く使えるわけです。買い換える頻度が下げれば自然とコスパが良くなりますよね。そんなバランスの取れたゲーミングPCがこのデスクトップです。

G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i7920BA1」


高級なGTX1060搭載ゲーミングノートPCです。メモリ8GB、256GB SSDとちょっと足りない感じですが、液晶が凄いです。リフレッシュレートが144Hzに対応した17.3インチ液晶です。

しかもベゼルが狭いため、ノートPCの実質的なサイズは15.6インチとほとんど変わりません。大迫力でゲームを楽しめて、持ち運びやすさを損なわない素晴らしいゲーミングノートPCです。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年6月更新

2019.06.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01