15万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCは10万円だとエントリーモデル、15万円だとミドルスペック、20万円だとハイスペックくらいのものが買えます。だからでしょうか、やはりいつの時代も売れ筋は15万円のゲーミングPCです。

事実どのBTOメーカーも消費税や送料を含めると15万円くらいのゲーミングPCが売れ筋ランキング上位にいつもいます。確かにミドルスペックゲーミングPCなら、画質さえ落とせば最新ゲームも遊べるのですから納得です。

15万円以下のゲーミングPCのパーツ構成

10〜15万円以下のゲーミングPCのパーツ構成を考えた場合、選択肢はそこまで多くありません。

GTX1060 3GB + Core i7-7700 + メモリ8GB + 240GB SSD + 1TB HDD
GTX1060 6GB + Core i7-7700 + メモリ8GB + 250GB SSD + 1TB HDD
GTX1070Ti 8GB + Core i5-7500 + メモリ8GB + 250GB SSD + 1TB HDD

デスクトップゲーミングPCならこの3つが候補になります。もしもメモリ16GBにするならCPUをまず妥協する必要があります。例えばCore i5に下げてメモリを16GBにするイメージです。

GTX1060には3GB版と6GB版がありますが、最新ゲームをプレイしたいなら6GBを選んでください。G-Tuneだと3GBしかないので注意しましょう。GTX1070TiにするならCPUはCore i5じゃないと無理です。Core i7にすると絶対に15万円を越えます。

ゲーミングノートPCの場合はGTX1050Tiが限度です。GTX1060だとストレージをきちんとSSD + HDDにしたら15万円をオーバーします。GTX1050Ti + Core i7-7700HQ + メモリ8GB + 240GB SSD + 1TB HDDが理想です。

15万円以下のおすすめゲーミングPC

どのパーツ構成にするか決まりましたか?では上記のパーツ構成や予算にぴったりでおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610SA1」


GTX1060 3GB搭載の激安デスクトップです。そのままだと10万円台ですよ、まさに衝撃価格です。でもストレージが1TB HDDだけなので、ここは240GB SSD + 1TB HDDにカスタマイズしてから注文しましょう。

カスタマイズしたとしても合計価格はまだ13万円台です。他のパーツにも手を加えたり、ゲーミングデバイスを購入する余裕がありますね。安さ重視の方におすすめです。

ドスパラ「ガレリア DF」


グラフィック性能を優先する方にはGTX1070Ti搭載デスクトップがおすすめです。G-TuneにはCore i5 + GTX1070Tiがないのでコスパが良くて人気のドスパラを選びましょう。

GTX1060とGTX1070Tiとでは40%くらい性能が違います。GTX1060だと重いゲームもGTX1070ならサクサクです。ストレージは時期によっては250GB SSDだけなので、もしそうだったら1TB HDDを加えてあげてください。

G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i4400GA2」


今見たらG-TuneのGTX1050Ti搭載ゲーミングノートPCが最安値でした。しっかり15万円以下です。GTX1050Tiだと重いゲームを遊ぶのはちょっと厳しいです。

でもFF14、PSO2、ドラクエ10、WoT、WoWsのようなMMORPG、アクションゲームなら60fps以上出せる性能を持っています。このゴールドモデルが一番パーツがしっかりしていてコスパも優れています。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2018年12月更新

2018.12.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2018.11.24