40万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

30万円台のゲーミングPCは個性的です。一般的なハイスペック、ハイエンドなゲーミングPCとは一線を画します。グラフィックボードやCPUが一気に変わるため、あらゆる用途に対応できて便利です。

逆に言えば普通に使う分には30万円以下のゲーミングPCで十分です。ゲーム用途に特化させるのか、CPUエンコードを高速にしたいのか等を考えた上で、40万円以下のゲーミングPCを選ぶようにしてください。

40万円以下のゲーミングPCのパーツ構成

30~40万円のゲーミングPCのパーツ構成を考えた場合、以下の組み合わせが候補に上がります。

RTX2080Ti + Core i9-9900K + メモリ32GB + 500GB SSD + 3TB HDD

もうこれで決まりです。RTX2080Ti SLIだと50万円以上になるため、40万円以下ならRTX2080Tiが1枚を基準にすべきです。あとはCPU、メモリ、ストレージを考えていきましょう。

CPUはCore i7-9700KかCore i7-9900Kでちょっと迷いますが、スレッド数が圧倒的に多く、動作周波数も高いCore i9-9900Kをおすすめします。今は高性能CPUを搭載したゲーミングPCのほうがゲームのフレームレートがかなり高くなります。

メモリは16GBでもいいですけど、32GBにしておいたほうが将来性があります。すでに10GB以上使うゲームが出てきていることを考えると、別のことをしながらゲームをしたり、今後もっと激重なゲームが確実に出てくることを踏まえると、32GBのほうがいいはずです。

ストレージは500GB SSD + 3TB HDDが基本です。ただ、40万円までまだ予算に余裕があるならSSDをNVMe SSDにしましょう。普通のSSDより数倍も高速なので、快適性に大きな違いが出てきます。

ゲーミングノートPCならGTX1080搭載モデルが選べます。しかもノート用CPUより遥かにハイスペックなデスクトップ用CPUを採用したゲーミングノートPCです。GTX1080搭載デスクトップと同じ性能になるため最新ゲームもサクサクでおすすめです。

40万円以下のおすすめゲーミングPC

消費税や送料を含めて40万円以下になるように、おすすめゲーミングPCを選んでみます。

ドスパラ「ガレリア ZZ」


RTX2080Tiのグラフィック性能最強のデスクトップです。ドスパラはRTX2080Ti搭載モデルがそこそこ充実していてしかも安いのでおすすめです。現在、RTX2080Tiでしか144fps出せないゲームがいくつもあります。

これからもっと増えてくることでしょう。そんな時にRTX2080Tiなら144fps以上で安定してくれるので、他のプレイヤーよりもサクサクな環境でプレイできるわけですから、確実に勝率が上がります。

G-Tune「MASTERPIECE i1640PA2-SP2」


似たようなスペックのデスクトップゲーミングPCです。でもこちらのほうがSSDが高速です。また、メモリも多いですね。実はカスタマイズするよりも、こういう初期構成のまま購入したほうが安いのです。

そしてG-TuneのMASTERPIECEシリーズはPCケースの左側がガラスパネルになっていて、とても格好良いというメリットがあります。時期によってはパーツを光る仕様にできるので、見た目重視の人におすすめです。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年6月更新

2019.06.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01