40万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

30万円台のゲーミングPCは個性的です。一般的なハイスペック、ハイエンドなゲーミングPCとは一線を画します。グラフィックボードやCPUが一気に変わるため、あらゆる用途に対応できて便利です。

逆に言えば普通に使う分には30万円以下のゲーミングPCで十分です。ゲーム用途に特化させるのか、CPUエンコードを高速にしたいのか等を考えた上で、40万円以下のゲーミングPCを選ぶようにしてください。

40万円以下のゲーミングPCのパーツ構成

30~40万円のゲーミングPCのパーツ構成を考えた場合、以下の組み合わせが候補に上がります。

GTX1080Ti SLI + Core i7-8700K + メモリ32GB + 500GB SSD + 3TB HDD
GTX1080Ti + Core i7-7820X + メモリ32GB + 960GB SSD + 3TB HDD

どちらも最上位のGTX1080Ti搭載ゲーミングPCですが、上はGTX1080Tiを2つ搭載しているのでさらに高性能です。グラフィックボードが2つになったからといって2倍の性能になるわけではありません。せいぜい1.5倍くらいだと思っておいたほうがいいです。

下はGTX1080Tiを1つ搭載しつつ、CPUを高性能にしたモデルです。8コア・16スレッドなので動画編集のようなマルチコアを活用できる用途に向いています。実際、ゲームをしながらエンコードをするなら最低でも8コアは必要です。

ゲームに向いているCPUという意味ではCore i7-8700Kです。意外とフレームレートに大きく影響します。だから超高性能なゲーミングPCが欲しいのであれば上のパーツ構成をおすすめします。

ゲーミングノートPCならGTX1080搭載モデルが選べます。しかもノート用CPUより遥かにハイスペックなデスクトップ用CPUを採用したゲーミングノートPCです。GTX1080搭載デスクトップと同じ性能になるため最新ゲームもサクサクでおすすめです。

40万円以下のおすすめゲーミングPC

消費税や送料を含めて40万円以下になるように、おすすめゲーミングPCを選んでみます。

ドスパラ「ガレリア ZZ」


RTX2080Tiのグラフィック性能最強のデスクトップです。ドスパラはRTX2080Ti搭載モデルがそこそこ充実していてしかも安いのでおすすめです。現在、RTX2080Tiでしか144fps出せないゲームがいくつもあります。

これからもっと増えてくることでしょう。そんな時にRTX2080Tiなら144fps以上で安定してくれるので、他のプレイヤーよりもサクサクな環境でプレイできるわけですから、確実に勝率が上がります。

G-Tune「MASTERPIECE i1720GA4-Dustel」


グラフィック性能よりもCPU性能を重視したい人におすすめのデスクトップがG-Tuneにあります。8コア・16スレッドなので同時に複数の重い作業をらくらくこなしてくれる頼りになる存在です。

ゲーミングPCのデザイン性、拡張性にも優れていて、40万円以下の予算に相応しい存在です。また、960GB SSDのおかげでストレージの寿命が長いメリットもあります。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2018年12月更新

2018.12.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2018.11.24