ドスパラとガレリア(GALLERIA)の違いとは

「ドスパラのパソコンが欲しい!」という人もいれば、「ガレリアのゲーミングPCが欲しい!」という人もいます。ドスパラとガレリア(GALLERIA)が完全に別物だと思っている人がいるようですが、「ドスパラがガレリアシリーズのゲーミングPCを製造・販売している」が正しい説明です。

ガレリアはドスパラのPCシリーズのひとつに過ぎない

そもそもドスパラはたくさんのシリーズのパソコンを販売しています。

ガレリア(GALLERIA) ゲーミングPC
レイトレック(raytrek) クリエイター向けPC
モナーク(Monarch) INTEL CPU搭載タワーデスクトップ
サンダーストーム(Thunderstorm) AMD CPU搭載タワーデスクトップ
マグネイト(Magnate) INTEL CPU搭載ミニタワーデスクトップ
Regulus/Lightning AMD CPU搭載ミニタワーデスクトップ

他にもたくさんあってキリがないのでこの程度にしておきます。いずれにしてもこれらすべてドスパラが製造・販売しているパソコンです。

どのシリーズもあまり世間に浸透していないせいか、「ドスパラのパソコン」と一緒くたにされることが多いようです。「ガレリアのパソコン買った」という人はあまり見かけません。

結局のところ、名称が違うだけでスペックが一緒ならほとんど同じパソコンだと判断していいでしょう。製造している場所も同じですし、保証やサポートも一緒なのですから。

ただし厳密に言うと色々な違いがあります。

ガレリアとモナークの違い

ガレリアシリーズで人気のデスクトップはGTX1060搭載の「ガレリア XT」です。一方でモナークシリーズにもGTX1060搭載の「モナーク XT」があります。両者の違いは何なのでしょうか。

PCケースが違う

ガレリア XTとモナーク XTとではまず見た目が違います。しかし見た目だけでなくPCケース自体の性能や拡張性にも違いがあります。

例えばケースファンです。どちらもフロントケースファン、リアケースファンを搭載しているものの、ガレリア XTはトップケースファンもあります。またサイドパネル等にケースファンを追加することができ、最大6個のケースファンを搭載できます。

つまり根本的に冷却性能が違います。ゲーミングPCはCPUやグラフィックボードが熱くなりやすいですから、ケースの冷却性能は非常に重要です。熱くなりすぎるとカクカクしたり落ちたりするので、同じスペックだったとしてもガレリアシリーズを選んだほうがいいです。

コスパが違う

価格だけ比較するとモナーク XTのほうが安いことが多いです。しかしコスパを比較するとガレリア XTの圧勝です。なぜならガレリア XTのほうが遥かにハイスペックで、しかもキャンペーン対象になっているからです。

ガレリア XTは大人気なので、ドスパラはいつもセール対象、キャンペーン対象に選んでいます。メモリが8GBから16GBになっていたり、大容量SSDが無料追加されていたり、CPUがCore i7-7700Kになっていたり、さらに値引きされていたり・・・。

そもそもSSDが搭載されていないモナーク XTは動作が遅くて使いたくありません。両者で悩んでいるなら、私はガレリア XTをおすすめします。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2018年12月更新

2018.12.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2018.11.24