25万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

最高性能のグラフィックボードを登載したハイエンドなゲーミングPCを買おうとすると、大抵25万円くらい必要になります。ただ、CPUもメモリもハイエンドにすることはできません。

どのパーツを優先するべきかを考えた上で予算配分をすべきです。とはいえある程度のパターンは決まっているので、おすすめのパーツ構成やゲーミングPCをご紹介していきます。

25万円以下のゲーミングPCのパーツ構成

20〜25万円のゲーミングPCのパーツ構成を考えた場合、以下の組み合わせが候補に上がります。

RTX2070 + Core i7-9700K + メモリ16GB + 500GB SSD + 3TB HDD
RTX2080 + Core i7-9700K + メモリ16GB + 500GB SSD + 2TB HDD

ほぼこの二択です。グラフィックボードはRTX2070かRTX2080です。高性能であるRTX2080のほうがおすすめですが、25万円ぎりぎりになることを覚悟してください。周辺機器も含めて25万円に収めたいならRTX2070にするか、あるいはCPUをCore i7-8700に妥協しましょう。

CPUはCore i7-8700かCore i7-9700Kがいいですね。第9世代のCore i7-9700K + RTX2080だと25万円をちょっとだけ越えてしまいます。メモリは16GBあれば最新ゲームも遊べます。CPUを妥協しつつメモリ32GBにする選択肢もあります。

ゲーミングノートPCなら25万円の予算でやっとGTX1070が選べます。GTX1080だと30万円を越えてしまいます。CPUは固定なのであとはメモリ16GB、250GB SSD + 1TB HDDという構成が一番バランスがいいです。

そして1つ注意して欲しいのが消費税です。BTOパソコンはカスタマイズ画面まで進まないと消費税が加算されません。しかも20万円以上にもなると消費税がガツンと響いてきますから、20~22万円の基本モデルを選ぶのがおすすめです。

25万円以下のおすすめゲーミングPC

20~25万円のゲーミングPCはパーツの組み合わせを色々と考えられますが、コスパが良くて安いモデルは数種類に絞られます。そんなおすすめゲーミングPCだけをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア ZF」


RTX2070 + Core i7-9700Kという最新パーツを詰め込んだデスクトップゲーミングPCです。Core i7-8700搭載モデルよりもメモリが高速だったりと様々なメリットがあります。

ゲーミングPC本体を買い換える原因となるのはCPUの性能不足なので、始めから最新で高性能なCPUを選んでおいたほうが、数年後にグラフィックボードを交換しても耐えられるため、総合的にゲーミングPCを長く使えますよ。

G-Tune「NEXTGEAR i690PA4-SP」


G-TuneはCore i7-9700K搭載ゲーミングPCを一気に値下げしたようです。数ヶ月前よりも激安になっています。だからRTX2080を登載しつつ、高速SSDを追加したとしても25万円ぴったりくらいに収まります。。

RTX2080搭載ゲーミングPCとしては異常なほど激安です。最新ゲームをしながら録画や配信をするとメモリ16GB以上必要になりますから、新しいゲームが好きで録画もしたい人はメモリ容量を重視してください。

G-Tune「ガレリア GCR2070RGF-E」


RTX2070搭載ゲーミングノートPCの最安値がドスパラにあります。G-Tuneだともっと高額なのでドスパラのほうがおすすめです。

様々なモデルがあって迷うかもしれませんが、やはりメモリ16GB + 250GB SSD + 1TB HDDにするのが基本です。もう少しお金を出してもいいならSSDを512GBにすると容量を気にせず使えるのでとても快適になります。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年6月更新

2019.06.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01