20分でクリア?意外と知られていないマイクラRTAとは

最も成功したサンドボックスゲームといえるマインクラフト(通称:マイクラ)は、個人が自由に遊び方を決められるという自由度の高さが魅力です。

冒険、建築、PvPなど、人によって遊び方は本当にさまざま。しかし、「RTA(リアルタイムアタック=ゲームクリアまでの時間を競う遊び方)」があることはあまり知られていません。

終わりがないのが魅力であるマイクラのRTAとは、一体どのような遊び方なのでしょうか。

1週20分でラスボスまで倒すマイクラRTA

マイクラRTA(エンドラRTA)は、開始地点からストーリー上のラスボスであるエンダードラゴン討伐までをたった20分強でこなす遊び方です。

マイクラをプレイしたことがある方ならわかると思いますが、通常エンダードラゴン討伐までは短くても数日かかります。これをたった20分で完結させるのですから、当然一切無駄な行動はしません。

スポーン地点からすぐに近くの木を伐採し、最低限のアイテムを獲得しながらエンダードラゴンがいる世界へのポータル作成を目指します。その後は、弓とベッドを使いながらエンダードラゴンを倒すという荒業でクリアします。

エンダードラゴンが存在する世界「ジ・エンド」では、ベッドを使って寝ようとすると、ベッドが爆発します。これを爆弾代わりに使い、エンダードラゴンにダメージを与えるわけです。ちなみに、ハードモードでクリティカル約4発(ベッド4個程度)で討伐が可能とのこと。

ちなみに、マップの配置は固定されているため、何度か周回するうちにルーチン化し、タイムを縮めていくことが可能です。

RTAは「サクサク」が大前提

このように一切無駄な行動をせず、移動に常にジャンプ(普通に走るよりも早いため)で行うことにより、20分強でのクリアできるわけです。しかし、マイクラはPCスペックが低いとオブジェクトの表示が遅くなったり、移動にひっかかりがでたりします。

さらに、RTAの性質上、何度もワールド生成を行うことになります。このとき、PCスペックが不足しているとワールド生成に時間がかかり、ストレスのもとになります。

RTAのルールではPCスペックで差がでないよう「軽量化MOD」を入れることが明記されているものの、ある程度のPCスペックは必要になるでしょう。

マイクラRTA用のゲーミングPCとは?

ただし、マイクラ自体はそれほど重いゲームではないため、性能的にはミドルレンジクラスのBTOパソコンで十分です。

具体的には、

・パソコン工房…LEVEL-M0B6-i5-LNR-K(Core i5 8400+GTX1050)税別89980円
・ドスパラ…ガレリア RH5(Ryzen 5 2600+GTX1050Ti)税別94980円
・マウスコンピュータ…LITTLEGEAR a340BA1(Ryzen 5 2600+GTX1050)税別89800円

といったローエンド~ミドルレンジクラスが候補になるでしょう。特別高性能というわけではないですが、拡張性やコスパに優れており、お手頃なモデルばかりです。

マイクラをプレイするなら「マインクラフトの影MODで60fps出せるおすすめゲーミングPC」もチェックしてください。

マイクラRTAは、シングルプレイでもマルチプレイでも成立し、お手軽で奥が深い遊び方です。必要スペックもそれほど高くないため、「普通のマイクラ」に飽きたPCゲーマーにはおすすめですよ。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年5月更新

2019.05.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01