ゲーミングルーターと普通のルーターとの違いとは

多くのデバイスメーカーは最近、ゲーミングというカテゴリを作ってゲーマーをターゲットにデバイスを作っています。キーボード、マウス、ヘッドセット、ディスプレイ、そして最近ではゲーミングルーターまで登場しました。

このゲーム環境に特化したというゲーミングルーターですが、通常のルーターと何が違うのか、そしてそもそもゲーミングルーターは必要なのでしょうか?

既存のルーターには無いデザイン性

ゲーミングルーターが通常のルーターと違う点はいくつかありますが、まずはその筐体デザインです。通常ルーターは見えない場所に隠しておくような扱いをしてきましたが、ゲーミングルーターは見える場所に置いて魅せるデザインをしています。

無線ルーターは電波を送受信するためのアンテナを持っていますが、見えない場所に隠してしまうと電波の入りが悪くなり速度低下や切断されてしまうといったことが起こります。

かといって電波の入りのいい場所に置くとパッとしないデザインの物体を目立つ場所に置くことになってしまいます。ゲーミングルーターは、機能性だけでなくデザイン性も与えられ、そういった場所で見せたくなるような近未来的なデバイスに仕上げられています。

機能的にはルーターのハイエンドマシン

ゲーミングルーターといえど、ルーターであることには変わりありません。インターネットに繋ぎたい機器を接続してネットワークにつなぐ、セキュリティを維持するといった基本的なルーターの機能はもちろん持っています。通常のルーターとの違いを挙げるとすれば、その妥協なきパフォーマンス追及といえます。

無線信号の強度や安定性をあげるためにアンテナの数を増やしたり、無線電波の強度を調節して家の間取りに合わせた通信エリアを設定する機能も搭載されているものもあります。こういった企業や、データセンター向けの高度な技術も、惜しみなく投入されているハイエンド仕様なルーターが、ゲーミングルーターともいえるでしょう。

大きな違いは、QoS(Quality of Service)機能の設定です。QoSとはデータ通信を行うアプリケーションによって優先順位をつけて、特定のアプリケーショ ンの通信を優先化する機能です。

通常のルーターであれば、動画ストリーミングやゲーム、ファイルの送受信などすべてのデータが基本的に同じ優先度ですが、ゲーミングルーターではゲームに関する通信を優先的に扱うようになっています。そうすることでゲームの通信速度が上がったり安定することで、オンラインゲームでは他のプレイヤーより優位に立つことも可能です。

ゲーミングルーターは必要?

ゲーミングルーターと呼ばれる製品は、まだ多くはありません。ASUSやASRockといった海外のハードウェアメーカーからいくつかの製品が出ているのみです。

ゲーミングルーターという名前でゲーマーをターゲットにしていますが、ゲーマーだけでなく多機能・高性能のルーターを求めているユーザーにも良いのではないでしょうか。

ゲーミングルーターとはいえ通常のルーターにくらべて飛び抜けて機能があるとは言えず、なかなか差別化が難しい製品です。ルーターのハイスペック仕様版と考えて、新しくルーターを探している人にとっては十分選択肢に挙がる製品といえます。すでに無線ルーターを持っていて、現状の速度や安定性に不満がなければ、あえてゲーミングルーターに買い換える必要はありません。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年5月更新

2019.05.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01