アナログとデジタルの違い

アナログとデジタルの違いを明確に理解しているひとはそう多くはありません。ここではアナログとデジタルの違い、それぞれのメリットやデメリットについて解説したいと思います。

アナログとデジタルの違い

アナログとデジタルについてもっとも話題となったのは、2011年のテレビのアナログ放送が終了となった事でしょう。アナログ放送が終了し一斉にデジタル放送へと移行がされました。

アナログとデジタルの違いはデータの表現や保存のされ方にあります。

アナログではデータは連続した緩やかな波で表現されます。データは明確に数値化されず、データ自体が持つ量の大小がそのまま保存されます。

対してデジタルではそれぞれのデータは細かく分けられ、部分部分でのデータの量が均一化されます。そのためデジタルではデータは階段状に表現されます。

アナログのメリットとデメリット

アナログとデジタルにはそれぞれメリットがあり、どちらか一方がより優れていると決めつけることはできません。

アナログのメリットは私たちが感じるそのままの情報にもっとも近いという大きなメリットがあります。デジタルに変換されることによって、本来あるはずのデータが失われてしまうからです。

アナログはデジタルよりもはるかに精度の高いデータを扱うことができます。しかし再現性が悪く、まったく同じデータを何度も再現できません。さらにノイズや再現環境による外的要因によってデータが変わりやすいというデメリットを持っています。

アナログの代表的な例でいうと、音楽のレコード盤があります。レコード盤の溝の微妙な深さによって音を保存しているのですが、再生するたびにごくわずかずつですが、その表面は削れていきます。そのため厳密にいうとまったく同じ音は二度と再現できないということになります。

デジタルのメリットとデメリット

デジタルデータは音の強弱を明確に数値化して表現、保存しています。そのため音の再現性に非常に優れています。

数値化されていますから、その数値でもう一度表現することで、まったく同じデータになるわけですから当然です。またノイズや再現環境の外的要因によるデータの劣化や変化にも強いのもメリットです。

デジタルのデメリットはやはりアナログからデジタルに変換したときのデータの欠損です。デジタルデータは基本的に「0」と「1」、「OFF」か「ON」の2つの組み合わせによってできています。アナログのような微妙なデータは表現できません。

ですがデジタルデータにすることでデータの複製や、転送が一気にしやすくなりとても扱いやすくなります。そのためいろいろなものの効率化が進む現代ではアナログデータではなくデジタルデータのほうが都合が良いのです。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年2月更新

2019.02.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01