DDR3とDDR4で速さの違いを実感できるのか

メモリの規格であるDDRですが、DDR2・DDR3と続き現在ではDDR4メモリが主流になってきています。普通に考えてもDDR4の方が新しいので、性能もDDR4の方が圧倒的と思ってしまいますが、実際どうなのでしょうか。

DDR3とDDR4の違い

DDR4はDDR3の後継になる規格です。これまでDDRは2、3とバージョンアップするごとに伝送速度を倍にすることを実現してきました。伝送速度だけで見ると、DDRを1とするとDDR2は2、DDR3は4、DDR4でDDRの8倍の伝送速度になります。

またDDR4はDDR3に比べて低い電圧で動作します。DDR3では1.5Vで動作していましたが、DDR4では1.2Vで動作しています。これが大きな消費電力に大きな差を与えるかどうかですが、わずか0.3Vではそれほど変わることはありません。電力消費として15Wほどの差しか生まれません。ですが24時間265日稼働させるサーバーや、大量のサーバーを稼働させるデータセンターなどでは、その僅かな差でも積もり積もって大きな電力の削減になります。

そして一番大切な速度の違いです。DDR3はメモリ性能を表すMT値が800から始まり、最大で2666だったのが、DDR4では最低でも1600です。DDR4では最大4266になっています。

DDR3とDDR4のベンチマーク

DDR4がDDR3に比べて伝送速度も速いうえに低電圧と性能が向上しているのはわかりました。ではどれくらい早いのでしょうか、数値にして可視化してみましょう。

AIDA64での計測(Avarage reading speed)

  • DDR3-2400 : 34198MB/秒
  • DDR4-2400 : 36975/秒

CINEBENCHでの計測

  • DDR3-2400 : 617スコア
  • DDR4-2400 : 616スコア

7-ZIPでの圧縮時間計測

  • DDR3-2400 : 346秒
  • DDR4-2400 : 353秒

Counter-Strike Global Offensiveでの平均FPS

  • DDR3-2666 : 平均198.7fps
  • DDR4-2666 : 平均192.6fps

Grand Theft Auto 5での平均FPS

  • DDR3-2666 : 平均62.6fps
  • DDR4-2666 : 平均61.6fps

The Witcher 3 : Wild huntでの平均FPS

  • DDR3-2666 : 平均105.9fps
  • DDR4-2666 : 平均107.9fps

DDR3とDDR4の差は体感しづらい

残念ながらDDR3とDDR4にはっきりと体感できるほどの差はないでしょう。スペック的には確かに向上していますが、その最大帯域を使いこなせてはいないような状況です。DDR3の方がDDR4よりもスコアが良かったものもありますので、DDR3環境からDDR4環境へ無理に移行する必要はまったくありません。

ゲームにおいてはグラフィックカードに搭載されているGDDRメモリが大きく影響しますが、メインメモリのDDRメモリの3と4の差はほぼ影響ありません。ゲームの推奨とされているメモリ容量させ満たしていれば大丈夫でしょう。

新しくパソコンを組むのであれば、現在新品販売されているマザーボードはほぼDDR4になっています。2018年にはDDR5が登場するとの噂もありますが、これも今の所は使用において大きな差がでるような仕様変更はありませんので、待つ必要もありません。ただしPin数の違いなど物理的な互換性はまったくありませんのでその点は注意してください。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年2月更新

2019.02.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01