たった数秒でストレス激減!ゲーミングPCの意外な効能

日常生活において、人間はさまざまなストレスを感じています。このストレスを軽減する方法として、ゲーミングPCが役立つことをご存じでしょうか。ゲーム以外でもさまざまな作業を行うゲーミングPCは、思った以上に持ち主のストレスを軽減しているようです。

一体、どのようなシーンでストレス軽減に役立っているのでしょうか。今回はゲーミングPCとストレスの関係について解説します。

人間がストレスを感じやすい時間とは?

一般的に、人間は「待つ」ことによってストレスを感じることが多いです。信号やエレベーター、他人との待ち合わせなど、「待つ」時間は実時間以上に長く感じますよね。

では一体どの程度で「待ち時間が長い」と感じるのでしょうか。有名なところでは以下のような説があります。

8秒ルール おもにWebの世界で使われる考え方。Webサイトが表示されるまで8秒以上かかると、ストレスを感じやすい。
20秒ルール PCの起動時間やモニターに画面が表示されるまでの時間が20秒を超えるとストレスを感じやすい。
レスポンスタイム システムや装置に指示・入力を行ってから反応があるまでの時間。3秒以上かかるとストレスを感じやすい。

このように、「3秒~20秒」という待ち時間が発生すると、人間はストレスを感じやすいといえます。特に機械を相手にしている場合は、ほんの数秒の待ち時間でもストレスを感じ、イライラしがちですよね。これはPC作業で頻繁に感じるはずです。

ゲーミングPCがストレス軽減に役立つ理由

ここまでの説明で既に想像がつくかと思いますが、ゲーミングPCは起動を含めた諸動作がかなり軽快になります。

例えば、古いビジネス用PCではOSが起動してマウスが反応するまで1分以上かかっていたものが、ゲーミングPCではおそらく30秒もかかりません。スタートアップを最低限に調整すれば、30秒以内での起動も可能でしょう。また、スリープ状態ならば数秒で起動します。

さらに、ゲームクライアントの起動時間、マップ移動、Webページの読み込み速度、その他アプリの起動時間なども短縮されるため、総合的にストレスを感じる場面が減るわけです。

そのため、普段ゲームをしない人間でも、一度ゲーミングPCの快適さに慣れると通常のPCに戻りづらくなるとも聞きます。

実際、私もゲームをしない期間であっても、それなりのスペックのゲーミングPCを使っていました。やはりあらゆる場面で動作が軽快な上、遅くなるシーンが少ないからです。

ゲーミングPCのスペックはメンタルの安定につながる

少し大袈裟かもしれませんが、ゲーミングPCが短縮するほんの数秒の積み重ねが、操作する人間のメンタリティを安定させてくれます。

小さないらだちや怒り、疲労感などを軽減してくれるため、長時間のプレイでも疲れにくくなるでしょう。これは、ゲームだけでなく仕事や調べものでも同様です。

同じ作業をするにしても、ゲーミングPCを使用したほうが圧倒的に効率が良く、労力が少なくて済みますからね。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年6月更新

2019.06.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01