初心者は中古で十分?ゲーミングPCを中古で買う理由

ゲーミングPCは高くて手が出ない!と二の足を踏んでいる初心者に朗報です。PCパーツの進化により、中古でも十分な性能をもったゲーミングPCが増えています。

カジュアルなFPSやTPSを求める初心者なら、中古ゲーミングPCのほうがおすすめかもしれません。今回はその理由を解説します。

なぜ中古ゲーミングPCがおすすめなのか?

PUBGにフォートナイトなど、日本でもTPS系のゲームが本格的に浸透してきました。FPSやTPSは、動きの激しさ・速さが醍醐味であり、これを実現するためには一定のスペックをもったゲーミングPCが必須です。

しかし、ゲーミングPCは15万円~25万円がボリュームゾーンであり、決して安い買い物ではありません。そこで、中古のゲーミングPCに目を向けてみましょう。中古のゲーミングPCは、以下のようなメリットを持っています。

・価格が圧倒的に安く5万円~10万円で必要十分なスペックのPCが買える
・物理的な劣化箇所さえ交換してあれば2年~3年の動作は問題ない
・大手BTOショップの検査を経ることで、安定性や保証も確保されている

最近では、パソコン工房がゲーミング中古PCの販売に乗り出しており、税別4万円程度のゲーミングPCもあるほどです。もちろん、CPUは3世代~4世代前のものですが、世代間の性能差が小さく、そもそもが高性能ですからあまり問題ありません。

一方、GPUはGTX1050TiやGTX1060など、十分実用レベルのクラスを搭載しており、全体として見れば新品に比べてお得なこともあるほどです。

BTO各社が取り組む中古ゲーミングPC

こういった中古ゲーミングPCの販売は、ドスパラやイオシスでも開始しています。イオシスでは法人向けモデルにGPUを搭載し、ゲーミング仕様としたことが話題になりました。

リノベーションPCはマイクロソフト社の認定を受けた業者だけが行える「MARプログラム(=PCを再生させる規定)」を利用し、中古PCのゲーミングPC化を行っています。

また、ドスパラでも「リノベーションPC」として、同様のコンセプトで中古ゲーミングPCを販売しています。大体どのBTOショップでも「4000番台~5000番台のCoreシリーズ+GTX1050Ti+メモリ8GB」で税別6万円弱といった価格設定ですね。

しかし、OSはしっかりWindows10の64bitですし、保証期間も1~3ヶ月付き、何よりも検査を通過しているので初期不良の心配がありません。

>> アウトレット、訳ありのゲーミングPCまとめ

ゲーミングPC初心者の最初の1台に最適

ゲーミングPC初心者は、そもそもどの程度のスペックで自分が満足するのか、わかりませんよね。

また、いつまでゲームに興味を持つのかも不明確です。最近は「荒野行動用のPCが欲しいけどどれが良いのかわからない」といった女性の声も見かけます。

こういったとき、中古ゲーミングPCは最小の投資で欲求を満たせる優れたPCです。ただし、できるだけ信頼のおけるショップで購入するようにしましょう。

>> G-Tuneの中古ゲーミングPCを買う方法

オークションなどでの独自取引では、「安定動作」「故障の有無」「保証」が確認できず、単に安いだけの不良品を掴んでしまう可能性があるからです。個人的にはCore i 5 4000番台+GTX1050+メモリ8GB程度で5万円~6万円を狙っていくのが良いと思います。

>> ヤフオクに売ってるゲーミングPCは絶対やめておくべき

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年3月更新

2019.03.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01