Windows 7と10でゲームパフォーマンスに違いがあるか比較

Windows 7からWindows 10になって、OSの起動速度などいろいろな面でスピードアップが図られています。ではWindows 7とWindows 10ではどれくらい差があるのかを比べてみたいと思います。

Windows 7とWindows 10でOSの起動時間を比べてみる

Windows 10からは「高速スタートアップ」というWindowsの起動を高速化するための機能が標準で搭載されています。この機能はパソコンをシャットダウンするときに、ある程度最後に使用していたメモリ状況などを保管しておき、それを利用して次の起動を早くするという機能です。

Windowsの起動速度

  • Windows 7 : 21.44秒
  • Windows 10 : 15.51秒

どちらもSSDからのWindows起動です。同じ構成でもずいぶん差がつきました。このようにWindows 10に変えるだけで起動スピードがずいぶんアップすることがわかります。

Windows 7とWindows 10でゲームパフォーマンスに影響があるか比べてみる

では実際にゲームのパフォーマンスに影響を及ぼすのかどうかをチェックしてみたいと思います。

今回比較に使用する環境はこちらです。

  • CPU : Intel i7 4790K@4.8Ghz
  • グラフィックボード : Nvidia GTX 1070
  • メモリ : 16GB@2400Mhz DDR3
  • OCZ Agility 3 120GB SSD

CRYSIS3

  • Windows 7 : 平均112.55fps/最小84fps
  • Windows 10 : 平均110.66fps/最小86fps

The Witcher 3 : Wild Hunt

  • Windows 7 : 平均77.41fps/最小68fps
  • Windows 10 : 平均77.11fps/最小68fps

Project Cars

  • Windows 7 : 平均176.52fps/最小133fps
  • Windows 10 : 平均165.66fps/最小126fps

Battlefield 4

  • Windows 7 : 平均145.80fps/最小121fps
  • Windows 10 : 平均146.55fps/最小124fps

Direct X 12の恩恵がWindows 7では受けられない

比較の結果を見る限り、Windows 10にしたからといってゲームのパフォーマンスが向上するわけではないように感じました。

しかしWindows 7とWindows 10ではゲームに関係する大きな違いがあります。それはDirect X 12の存在です。Direct X 12はWindows 10でしかサポートされず、Windows 7ではDirect X 11までしか利用することができません。

上記の比較はどちらもDirect X 11での動作になります。Direct X 12に対応したゲームタイトルであれば、この差はもっと大きく広がるでしょう。

いずれにせよWindows 7に比べてWindows 10は機能的にもかなりアップグレードされています。Windows 7のサポートも終了していますので、まだWindows 7を使っている方は早々にWindows 10にアップグレードして良いと思います。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年2月更新

2019.02.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01