Raven Ridge Ryzen R3 2200GとR5 2400Gのスペックと性能を比較

AMDの新たなAPU、Raven Ridgeを搭載したRyzen R3 2200GとR5 2400Gを比較してみたいと思います。

Raven Ridge Ryzen R3 2200GとR5 2400Gのテスト環境

今回テストするパソコンの構成はCPUを除きすべて同じ構成になっています。

Ryzen R3 2200Gのスペック

  • ソケットタイプ : AM4
  • ベースクロック : 3.5GHz
  • ターボクロック : 3.7GHz
  • コア数 : 4
  • スレッド数 : 4
  • クロックロック : なし
  • L3キャッシュ : 6MB
  • 統合GPU : VEGA 8
  • TDP : 65W

Ryzen R5 2400Gのスペック

  • ソケットタイプ : AM4
  • ベースクロック : 3.6GHz
  • ターボクロック : 3.9GHz
  • コア数 : 4
  • スレッド数 : 8
  • クロックロック : なし
  • L3キャッシュ : 6MB
  • 統合GPU : VEGA 11
  • TDP : 65W

CPU以外のグラフィックボードなどの構成は同じにしています。使用するグラフィックボードはGeForce 1050Ti、メモリはDDR4-3200MHz 8GBです。

Raven Ridge Ryzen R3 2200GとR5 2400Gでのゲームタイトル別比較

では実際のゲームタイトル別に実効fpsを比較してみたいと思います。

アサシンクリード オリジンズ

1920×1080 HIGH

  • Ryzen R5 2400G : 平均55fps / 最低46fps
  • Ryzen R3 2200G : 平均45fps / 最低38fps

バトルフィールド1

1920×1080 HIGH

  • Ryzen R5 2400G : 平均83fps / 最低61fps
  • Ryzen R3 2200G : 平均70fps / 最低49fps

コールオブデューティ ワールドウォー2

1920×1080 HIGH

  • Ryzen R5 2400G : 平均89fps / 最低70fps
  • Ryzen R3 2200G : 平均88fps / 最低70fps

カウンターストライク グローバルオフェンシブ

1920×1080 HIGH

  • Ryzen R5 2400G : 平均223fps / 最低112fps
  • Ryzen R3 2200G : 平均200fps / 最低112fps

グランドセフトオート5

1920×1080 HIGH

  • Ryzen R5 2400G : 平均80fps / 最低70fps
  • Ryzen R3 2200G : 平均69fps / 最低45fps

プレイヤアンノウンズ バトルグラウンズ

1920×1080 MEDIUM

  • Ryzen R5 2400G : 平均65fps / 最低43fps
  • Ryzen R3 2200G : 平均57fps / 最低40fps

2400Gと2200Gには10%前後の性能差

ふたつのCPUの間にはおよそ10%前後の性能差があることがわかります。fpsで10fpsから20fpsの違いが生まれてますね。

GeForce 1050Tiとの組み合わせで最新の3Dゲームタイトルも最高設定で快適とまではいきませんが、ミディアム設定であれば十分に快適にプレイできると思います。

日本国内では2018年2月13日に発売となっています。Ryzen R3 2200Gで13,200円前後、Ryzen R5 2400Gで20,800円前後となっています。

>> AMD Ryzen CPU搭載のおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年5月更新

2019.05.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01