DDR4メモリ2400MHzと3200MHzのゲームへの影響を比較

今回はメモリのクロック周波数の違いでどれくらいの差があるのかをチェックしたいと思います。

DDR4メモリ2400MHzと3200MHzでのテスト環境

今回テストするパソコンの構成はメモリ量を除きすべて同じ構成になっています。

システム構成

  • OS : Windows 10 Home
  • CPU : Ryzen 3 2200G 4GHz
  • グラフィックカード : NVIDIA GeForce GTX 1050Ti
  • メモリ : DDR4-2400MHz / DDR4 3200MHz

テストするゲームタイトル

  • アサシンクリード オリジンズ
  • バトルフィールド1
  • コールオブデューティ ワールドウォー2
  • カウンターストライク グローバルオフェンシブ
  • エビルウィズイン2
  • グランドセフトオート5
  • プロジェクトカーズ
  • プレイヤアンノウンズ バトルグラウンズ

テストタイトルは上記8つです。最近のCPUやグラフィックカードでのパフォーマンス比較によく使用されるタイトル群となっています。

メモリ2400MHzと3200MHzでのゲームタイトル別比較

では実際のゲームタイトル別に実効fpsを比較してみたいと思います。

アサシンクリード オリジンズ

1920×1080 HIGH

  • 3200MHz : 平均52fps / 最低42fps
  • 2400MHz : 平均48fps / 最低35fps

バトルフィールド1

1920×1080 HIGH

  • 3200MHz : 平均95fps / 最低70fps
  • 2400MHz : 平均81fps / 最低64fps

コールオブデューティ ワールドウォー2

1920×1080 HIGH

  • 3200MHz : 平均100fps / 最低77fps
  • 2400MHz : 平均93fps / 最低69fps

カウンターストライク グローバルオフェンシブ

1920×1080 HIGH

  • 3200MHz : 平均240fps / 最低124fps
  • 2400MHz : 平均223fps / 最低109fps

エビルウィズイン2

1920×1080 HIGH

  • 3200MHz : 平均55fps / 最低37fps
  • 2400MHz : 平均48fps / 最低36fps

グランドセフトオート5

1920×1080 HIGH

  • 3200MHz : 平均80fps / 最低53fps
  • 2400MHz : 平均75fps / 最低49fps

プロジェクトカーズ

1920×1080 HIGH

  • 3200MHz : 平均60fps / 最低50fps
  • 2400MHz : 平均52fps / 最低45fps

プレイヤアンノウンズ バトルグラウンズ

1920×1080 MEDIUM

  • 3200MHz : 平均63fps / 最低45fps
  • 2400MHz : 平均58fps / 最低39fps

メモリのクロック周波数の差はある

以上の比較からわかるのは、2400MHzと3200MHzでは確かに差があるということです。2400MHzと3200MHzのメモリは値段が少し違います。

主に3200MHzのDDR4メモリはゲーミング用にメモリチップにヒートシンクが取り付けられたしっかりとした作りのものが多く、値段が他のチップむき出しのものよりも高くなっています。

しかし比較の値から見るに3200MHzのメモリの優位性は小さくないように感じます。もし予算に余裕があり、マザーボードが3200MHzのメモリに対応しているなら、検討してみる価値はあると思います。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年2月更新

2019.02.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01