5GHzにオーバークロックしたIntel Core i7-8700Kと定格i7-8700Kを比較

IntelのCoffee Lake世代のCore i7-8700Kはオーバークロックが可能です。冷却能力の高い空冷ファンや、CPU用の簡易水冷を構築することで5.0GHzで動作させ、オーバークロックしていない時との違いを比べてみましょう。

Intel Core i7-8700Kのスペック

  • プロセッサー名 : Intel Core i7 8700K
  • コードネーム : Coffee Lake
  • プロセスルール : 14nm
  • コア数 : 6コア
  • スレッド数 : 12スレッド
  • ベースクロック : 3.70GHz
  • 最大ターボクロック : 4.70GHz
  • クロックロック  : なし
  • キャッシュ : 12MB
  • 最大TDP : 95W

Intel Core i7-8700Kはオーバークロックが可能という点が大きなポイントです。メーカーの保証から外れてしまうというリスクがありますが、動作クロック数を大きく上げることも可能です。ただしオーバークロックによってCPUが壊れてしまう可能性だけは認識しておく必要があります。

有志らの報告によるとi7-8700Kのオーバークロック耐性はかなり高く、5.0GHzで常用しているという例も多くあります。この後の比較では5.0GHzで動作させたときで比較が行われていますが、それぞれのCPUファンやケースのエアフローによって冷却能力はまちまちですので、何があっても自己責任ということになります。

Intel Core i7-8700K、オーバークロック5.0GHzと定格時の比較

ではCore i7-8700Kをオーバークロックで5.0GHzで動作させたときと、定格で動作させたときに、実際ゲームのプレイにどれほど影響があるのか、ベンチマークや実際のfpsで比較してみましょう。

比較環境スペック

  • CPU : Intel Core i7-8700K
  • M/B : ASRock Z370 Extreme4
  • グラフィックカード : GeForce GTX 1080Ti SLI
  • メモリ : 16GB DDR4-3200
  • SSD : Samsung SSD 840 EVO 120GB
  • OS : Windows 10 Professional 64bit

以降の比較結果の注意点としてボトルネックでのfps頭打ちを避けるため、グラフィックカードがGTX1080TiのSLI構成となっています。

Cinebench R15 シングルコア

  • Core i7-8700K : 203
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 253

Cinebench R15 マルチコア

  • Core i7-8700K : 1430
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 1530

3D Mark Firestrike Ultra : CPUスコア

  • Core i7-8700K : 21978
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 22474

3D Mark Firestrike Ultra : GPUスコア

  • Core i7-8700K : 14011
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 14954

3D Mark Firestrike Ultra : 総合スコア

  • Core i7-8700K : 12987
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 13856

Grand Theft Auto 5(GTA5) / 2560×1440 / VERY HIGH

  • Core i7-8700K : 平均164fps / 最小120fps
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 平均175fps / 最小123fps

Call of Duty World War 2(CoD:WW2) / 2560×1440 / EXTRA

  • Core i7-8700K : 平均144fps / 最小120fps
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 平均154fps / 最小129fps

Battlefield 1(BF1) / 2560×1440 / ULTRA

  • Core i7-8700K : 平均152fps / 最小118fps
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 平均157fps / 最小125fps

Forza Motorsports 7 / 2560×1440 / ULTRA

  • Core i7-8700K : 平均180fps / 最小167fps
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 平均190fps / 最小174fps

Rise of the Tomb Raider / 2560×1440 / VERY HIGH

  • Core i7-8700K : 平均155fps / 最小121fps
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 平均164fps / 最小130fps

Grand Theft Auto 5(GTA5) / 3840×2160 / VERY HIGH

  • Core i7-8700K : 平均138fps / 最小87fps
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 平均145fps / 最小91fps

Call of Duty World War 2(CoD:WW2) / 3840×2160 / EXTRA

  • Core i7-8700K : 平均83fps / 最小71fps
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 平均91fps / 最小75fps

Battlefield 1(BF1) / 3840×2160 / ULTRA

  • Core i7-8700K : 平均122fps / 最小96fps
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 平均130fps / 最小104fps

Forza Motorsports 7 / 3840×2160 / ULTRA

  • Core i7-8700K : 平均157fps / 最小134fps
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 平均164fps / 最小138fps

Rise of the Tomb Raider / 3840×2160 / VERY HIGH

  • Core i7-8700K : 平均96fps / 最小72fps
  • Core i7-8700K@5.0GHz : 平均100fps / 最小81fps

常用5.0GHzするなら冷却が最重要

オーバークロック全般にいえることですが、メーカーの保証を一切受けられなくなり自己責任でおこなわなければならないことを忘れないでください。

5.0GHzで常用するのであればしっかりとCPUを冷却するためのシステムを構築することが重要です。CPUに最初からついてくるリファレンスファンはオーバークロックに耐えれません。別途冷却能力の高いファンを取り付ける必要があるでしょう。

またCPUのみを水冷化する簡易水冷キットもひとつの選択肢です。空冷ファンに取り替えるよりも手間も知識も必要にはなりますが、エアフローに左右されることがないため安定して冷却することができるでしょう。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年5月更新

2019.05.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01