Nvidiaの新たなハイエンド「GeForce RTX SUPER」とは?無印とのスペック比較

AMDの「Navi世代」に対抗する形で発表された、Nvidiaの「GeForce RTX SUPER」シリーズが話題になっています。シリーズ名に「SUPER」を入れるくらいですから、かなり自信があるのでしょうね。なかなか強気なネーミングです。

では一体どんなGPUなのか、まとめてみたいと思います。

基本スペックは変わらず性能を向上させたSUPERシリーズ

今回発表されたのは、「RTX2080 SUPER」「RTX2070 SUPER」「RTX2060 SUPER」の3モデル。

いずれも、基本的には12nmで製造され、GPUダイの世代も既存RTXシリーズと同じ(TU104とTU106)ですが、動作クロックが向上しています。

無印版と比較した結果は以下のとおりです。

RTX2080 SUPER vs RTX2080

RTX2080 SUPER RTX2080
GPUコア TU104 TU104
CUDAコア数 3072 2944
動作クロック 1650~1815MHz 1515~1710MHz
TDP 250W 215W

RTX2070 SUPER vs RTX2070

RTX2070 SUPER RTX2070
GPUコア TU104 TU104
CUDAコア数 2560 2340
動作クロック 1605~1770MHz 1410~1620MHz
TDP 215W 175W

RTX2060 SUPER vs RTX2060

RTX2060 SUPER RTX2060
GPUコア TU106 TU106
CUDAコア数 2176 1920
動作クロック 1470~1650MHz 1365~1680MHz
TDP 175W 160W

単純に演算能力と動作クロック数が上がり、性能がそれぞれ15~25%程度向上しているという報告が出ています。ただしTDPも増えていることから、冷却対策には力をいれたいところ。

価格は無印版と同じ?

日本での販売価格はわかりませんが、米ドルベースの価格は据え置きになるようです。つまり、同額で15~20%性能が向上したGPUを入手できるということ。

これは朗報ですよね。また、2080無印と2070無印は生産が終了になるそうです。つまり今後は、

  • RTX2080Ti
  • RTX2080 SUPER
  • RTX2070 SUPER
  • RTX2060 SUPER
  • RTX2060

といったラインナップになることが予想されます。

AMDがNaviシリーズ(Radeon RX 5700シリーズ)でNvidiaに追いついてきていますから、引き離したいという思惑がありそうですね。RTX2070 SUPERはRadeon RX 5700XTが、RTX2060 SUPERはRadeon RX 5700が直接の強豪になるでしょう。

価格は、AMD側が若干安いものの、性能面ではSUPERシリーズが上回ることは確実ですから、そのあたりの線引きが難しそうです。SUPERシリーズは旧・無印版と比較して15%程度の性能向上を、同価格で実現していますから、その分だけお得とも考えられるでしょう。

個人的には、どれを買ってもハズレは無いと思いますが、GPUのアップグレードパスに一石を投じる発表であることは間違いありません。

>> グラボからゲーミングPCを選ぶ

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年7月更新

2019.07.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01