PC無しでHDD/SSDのクローンが可能になるツール

HDDからSSDへの換装は、非常にコスパが良いアップグレード対策です。数千円でマシンの動作が軽くなります。

しかし、中身のコピーに意外と手間がかかる…と敬遠する方が多いのも事実でしょう。そこで、ストレージのコピーを簡単に行えるハードウェアを紹介します。

ストレージ移行に便利な「HDD/SSDクローン&イレーススタンド」

AOTECHから発売された「HDD/SSDクローン&イレーススタンド(AOK-ERASECLONE-U3)」は、ストレージのコピーに威力を発揮する製品です。

ソフトウェアでのデータバックアップツールではなく、スタンドにストレージ(HDDやSSD)を設置してコピーするハードウェアタイプ。

SSD換装時の「データ引っ越し」や「バックアップ作成」「SSDのリフレッシュ」などに使用できます。対応インターフェースは、SATA接続の3.5・2.5インチHDD/SSDです。

この製品の特徴として、3つの動作モードがあります。

  • 「ストレージ⇒ストレージ」でデータコピーを行う「クローンモード」
  • 「PC⇒ストレージ」でデータコピーを行う「PCモード」
  • スタンドアロン(単独)でデータ抹消を行う「イレースモード」

クローンモードとイレースモードでは、PC自体が不要です。そのため、マザーボードや電源の故障で旧PCが起動しなくなっても、新PCへとデータ移行できるという強みがありますね。

このあたりは、ソフトウェア型のデータコピーツールには無いメリットです。実際にPCの故障⇒データコピーを経験するとわかりますが、旧PCからデータを吸い出すためには、かなりの労力がかかります。

故障したPCからストレージを取り外し、SATA⇒USBへの変換ケーブルを使って新PCに接続(外付けストレージ」として認識)。なおかつデータ移行を行う…という作業が必要だからです。

こういった作業を一切省略しつつ、新環境へ移行できる本製品は、故障時の心強い味方になるはずです。

ハードウェア式データ移行ツールの代表例

今回紹介している「HDD/SSDクローン&イレーススタンド(AOK-ERASECLONE-U3)」と同様の機能をもつ製品は、他のベンダーからも発売されています。

代表的なところを挙げると、

価格は「4000円前後」が主流ですね。メーカー製PCのリカバリーエリアも含めてコピーしてくれるので、リカバリー用メディアを作成する手間も省けます。

メーカーによって呼び名は様々ですが、「ドッキングステーション」「デュプリケーター」「HDDスタンド」などで検索すると、色々な製品が見つかりますよ。

PCゲーマーなら、故障やアップグレードに備えて購入しておいても損は無いでしょう。データ消失のリスクがぐっと下がることは間違いないですね。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年6月更新

2019.06.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01