ゲームに適した8コア16スレッドは?Core i9 9900K vs Ryzen 7 2700X

CPUの「物理8コア」以上はもはや特別なことではなく、一般向けのPCにも浸透してきています。2018年12月時点では、インテルの「Core i9 9900K」とAMDの「Ryzen 7 2700X」が双璧といえそうですね。

この2つのCPUのうち、ゲームに適しているのはどちらなのでしょうか。

Core i9 9900K と Ryzen 7 2700Xのスペック比較

まず2つのCPUについて、スペックを比較してみましょう。

Core i9 9900K

  • 8コア16スレッド
  • 3.6GHz~5GHz動作
  • TDP95W
  • 実売価格 約67000円

Ryzen 7 2700X

  • 8コア16スレッド
  • 3.7GHz~4.3GHz動作
  • TDP105W
  • 実売価格 約42000円

OCなしで5GHz動作を実現したCore i9 9900Kと、8コア16スレッド環境を格安で構築できるRyzen 7 2700X。価格まで含めると、どちらも一長一短という印象があります。特にCore i9 9900Kは、Core i7 8700Kとの性能差から考えるとやや割高に感じてしまいますね。

しかし、5GHz動作を実現しながらTDPを100W未満に抑えてきたところは、さすがインテルというべきでしょうか。

主要タイトルでのベンチマーク比較

次は実際のベンチマーク結果(1080P環境)で比較してみます。

PUBG

Ryzen 7 2700X 195 fps
Core i9 9900K 222 fps

Far Cry 5

Ryzen 7 2700X 104 fps
Core i9 9900K 136 fps

ベンチマークとしての性能差は概ね10~20%程度ですが、人間が体感できるレベルかと言われると微妙なところです。

特にPUBGは150fps以上の領域での差であり、これを体感できる人はほとんどいないのではないでしょうか。体感差がないのであれば、価格が安いRyzen 7 2700Xを選ぶのが自然です。

また、一般的にAMDはマルチコア性能で、インテルはシングルコア性能で強みを発揮する傾向にあります。マルチコアに最適化されているタイトルならば、両者の差はほとんど感じられないと言ってよいでしょう。

ちなみにRyzen 7 2700Xに対する直接のライバルは第8世代CPUのエース「Core i7 8700K」であり、世代から考えても9900Kはワンランク上のCPUです。

絶対的な性能では9900Kに軍配があがるものの、世代差や価格差を考慮するとRyzen 7 2700Xの優秀さが光るといえそうです。

コスパなら2700X、性能重視なら9900K

Core i7 8700Kの後継となる「Core i9 9700K」は物理コアこそ8コアですが、HT(ハイパースレッディング)が無効となっています。そのため、マルチコア性能重視ならば16スレッド化されている9900Kが候補になるのですが、いかんせん値段が高い。

そこで、マルチコア性能に特化したRyzen 7 2700Xに目を向けるという選択肢が出てきます。実際にはゲーム用途で16スレッドをフル活用できることは稀ですから、物理コアの数と性能で差が出てくるでしょう。

>> AMD Ryzen CPU搭載のおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年5月更新

2019.05.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01