再生品PCを狙え!安く手頃なゲーミングPCを買う方法

企業向けモデルのPCが、リース期間を終え、リフレッシュされて市場に出回ることがあります。いわゆる「再生品」ですね。この再生品PCは、中古とはいえ保証がしっかりしているため、サブマシンや業務用のPCとして人気があります。

しかし、ゲーミングPCとしてはどうでしょうか。実は再生品PCは、安く手頃なゲーミングPCになる可能性を秘めているのです。

ゲーミングPCは高い!しかし再生品なら…?

よく市場に出回る再生品PCは、IBMや富士通のものが多いです。特にIBMの「OPTIPLEX」や富士通の「Mate」シリーズですね。

この2つは、再生品PCとして年に数回、定期的に出回ります。これらはオーバーホールやリストアをかけられたのちに品質検査を受け、再販されています。そのため、中古品と言えども入手しやすく、品質も安定しているわけです。

ただし、もともとビジネスユースが目的ですから、ゲーミングPCとしては使用できません。なぜなら、GPUが貧弱もしくは「お飾り程度」しかないからです。

これら再生品PCの大半は、CPU内蔵グラフィックのみで、独立したGPUは搭載していません。そもそもGPUを搭載する仕様になっていないことも多いです。

しかし、一部のBTOショップやパーツショップでは、この再生品にGPUを組み込んでゲーミングPCとして販売しています。これが非常に安く、カジュアルにゲームを楽しめれば良いというライトゲーマーにぴったりなのです。

6万円以下でGTX1050Ti搭載PCが買える!

例えばイオシスが販売している「イオシスオリジナルゲーミングデスクトップ」は、IBMのOPTIFLEXの再生品にGTX1050Tiを搭載し、価格は59800円。

GTX1050Ti搭載のゲーミングPCとして考えれば、非常に安いです。ちなみにスペックは、

OS Windows10 Pro
CPU Core i7-3770(4コア8スレッド)
GPU GTX1050Ti
メモリ 8GB
ストレージ HDD 500GB
保証期間 3ヶ月

といった具合で、性能的にはバランスが良いですね。5世代前のCPUとはいえ、上位モデルの物理4コアですから、今でも十分通用します。

再生品PCは格安ゲーミングPCに最適かもしれない

ちなみに、大手BTOショップのドスパラでも、再生品+GPUの構成で「リノベーションPC」を販売中です。PCパーツの進化により、数年前のCPUでも十分な性能を持ったゲーミングPCになる例が増えています。

多くの場合、足りないのはGPU、つまりグラフィック能力だけなのです。そのため再生品+GPUという組み合わせは、格安ゲーミングPCの定番になるかもしれません。

ちなみに個人でも、再生品PCを買ってGPUを足せば、同じような構成にできます。しかし、中古品における保証の存在は無視できないため、できればBTOショップで購入するようにしましょう。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年5月更新

2019.05.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01