新GTX1660Tiの評価は?レイトレ不要派の本命になるか

RTXシリーズから「レイトレーシング機能(RTコア)」を取り除いた新GTXシリーズがついに登場しました。旧GTXシリーズの正当進化版ともいえる新GTXシリーズは、ミドルレンジの「GTX1660Ti」として誕生。名機GTX1060の名を継いでいるため、期待している方も多いのではないでしょうか。

そこでスペックや価格を交えながら、GT1660Tiの全貌に迫ってみたいと思います。

レイトレも機械学習も持たないGTX1660Ti

GTX1660Tiは、簡単に言えばGPUコアだけを進化させたGTXシリーズです。RTXシリーズのように「RTコア(レイトレーシング処理用コア)」や「Tensorコア(機械学習用コア)」を持っていません。

しかし、GPUコアはGTX1060の「TU106」から「TU116」へと進化しており、全てのベースとなるアーキテクチャはRTXシリーズと同じ「Turing」を採用しています。以下、簡単なスペックです。

GTX1660TiとGTX1060 6GBの比較

GTX1660Ti GTX1060
GPUコア TU116 TU106
アーキテクチャ Turing Pascal
プロセスルール 12nm FFN 16nm FinFET
CUDAコア数 1536基 1280基
メモリ GDDR6 6GB GDDR5 6GB
動作クロック数 1500~1770MHz 1506~1708MHz
TDP 120W 120W

ぱっと見のスペックではそれほど大きな変更が見られませんが、コア、アーキテクチャの更新によって基礎的な性能はRTXシリーズと同様のものに引き上げられています。

ちなみに価格は税込み38000円前後で、ミドルレンジ~ハイエンドの中間に位置するモデルといえるでしょう。

GTX1060比で大幅な性能向上を実現

GTX1660Tiは、前モデルGTX1060に対し、3割から5割程度の性能向上が見込めるようです。実際に主要なゲームのフレームレートやベンチマークを見ても、対GTX1060(6GB版)に対してしっかりと差をつけています。

GTX1660Tiの性能(GTX1060 6GB版比)

  • Assassin’s Creed Odyssey…フレームレートは50%程度、ベンチマークは40%程度の向上
  • Dragon Quest 11…フレームレートは40%程度、ベンチマークは30%程度の向上
  • Monster Hunter World…フレームレートは50%程度、ベンチマークは35%程度の向上

GTX1060 6GB版が28000円程度で売られているため、約1万円(27%)の差があるものの、問題なく取り返せるレベルですね。さすがパフォーマンスモデルを指す「Ti」モデルなだけあります。

プレイするタイトル次第では2019年の本命GPUに

RTXシリーズと同様の基礎処理能力を持ちながら、GTX1060を3割~5割程度も上回るため、「迷ったらこれ」というポジションにあるGPUでしょう。GTX1060からのアップグレードパスとして、GTX1070や1070Tiよりも優先すべきかもしれません。

ただ、個人的にはあと5000円程度安かったら……と感じています。このあたりはBTOショップが展開するキャンペーンなどを狙っていきたいですね。

>> グラボからゲーミングPCを選ぶ

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年3月更新

2019.03.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01