NVMe SSDでゲームのパフォーマンスはどの程度変わるのか

ゲーミングPCのパフォーマンスを決めるのは「CPU」と「GPU」だけではありません。ときにはストレージを入れ替えることで、起動速度やロード時間が大幅に短くなります。

では、最新のNVMe SSDを使ったとき、一体どの程度の差が生じるのでしょうか。NVMe SSDに換装したときのパフォーマンスを解説します。

ボトルネックになりがちなストレージ

いくらCPUやGPUをアップグレードしても、ストレージがHDDのままだと「ボトルネック」が発生します。ボトルネックとは、いわゆる「足を引っ張っているポイント」のことです。

PCはパーツ同士が連動して動くため、ひとつでもデータ転送、処理、読み書きなどが遅い箇所があると、ボトルネックとなりパフォーマンスが落ちてしまいます。

特にHDDは、最近のCPUやGPUの処理についていけないことが多くなっています。これは、「ゲーム起動時間」や「マップ移動のロード時間」などに影響します。つまり、なかなか起動(移動)せずにイライラしてしまうというわけです。

HDDからNVMe SSDでどの程度速くなるのか?

こういったHDDのボトルネック化を防ぐため、「NVMe SSD」への換装を検討してみましょう。HDDからNVMe SSDへの換装で、劇的にストレスが軽減される例が確認されています。

具体的には、以下のとおりです。

PC版バトルフィールド Vで「3.5インチHDD(5400rpm)」から「Crucial P1 SSD※」へ換装

・起動時ロード時間は「51.7秒から36.5秒へ」⇒約30%減
・プレイ再生時ロード時間は「29.9秒から20.5秒へ」⇒約32%減

フォールアウト76で「6Gbps SATA採用HDD(7200rpm)」から「WD Black NVMe SSD※」へ換装

・起動時間は「20.9秒から18.5秒へ」⇒約12%減
・プレイ再生時ロード時間は「70.9秒から63.8秒へ」⇒約11%減

2番目の例にあるHDDは、現行のHDDの中ではハイエンドモデルに位置し、通常のSSD並みの動作ですが、やはり最新NVMe SSDには敵わないようですね。

>> NVMeはなぜ速いのか?今さら聞けないM.2 SSDの基礎知識

ちなみに、今回紹介したNVMe SSDのスペックも紹介しておきます。

Crucial P1 SSD(1TBモデル)

  • シーケンシャルリード最大2,000 MB/秒
  • シーケンシャルライト最大1,700 MB/秒
  • ランダムリード最大17万IOPS

WD Black NVMe SSD(1TBモデル)

  • シーケンシャルリード最大3,400 MB/秒
  • シーケンシャルライト最大2,800 MB/秒
  • ランダムリード最大50万IOPS

※IOPS⇒ストレージが1秒当たりに処理できるI/Oアクセスの数で、この数値が高いほど高性能なストレージといえる。

高速ストレージは高速回線も必須

このように高速なNVMe SSDへの換装は、ゲームプレイ時の快適さをしっかりと「体感」できるほどの効果をもたらします。

ただし、回線速度には注意しておきましょう。回線速度が遅いと、その点がボトルネックになりNVMe SSDの性能を発揮できません。

CPUやGPUのアップグレードにあわせ、ストレージと回線の高速化も検討していきましょう。ネット回線については「CATV契約はPCゲーマーの大敵?PCゲーマーは回線品質にこだわるべき」をご覧ください。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年5月更新

2019.05.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01