モバイル液晶+NUCが小型ゲーミングPCの常識を変える?

持ち運び可能なゲーミングPCといえば、これまではノート型のゲーミングPCが主流でした。少し語弊があるかもしれませんが、ゲーミングノート以外に持ち運びできるゲーミングPCが無かったのです。

しかしモバイル液晶とNUCの発達で、こういった事情が変わる可能性があります。リュックひとつで持ち運べるゲーミングPCは、ノートだけではなくなるかもしれないのです。

モバイル液晶が実現する持ち運び可能な環境

モバイルの発達で注目されているの「モバイル液晶」。液晶モニターは据え置きで使うもの、という固定観念を覆してくれました。有名なところでは「On-Lap」がありますね。サイズこそ11インチから15インチですが、重量は数百グラムで手軽に持ち運べます。

また、USB給電やHDMI、D-subといった入力端子にも対応し、どんな環境にもなじみやすい製品が多いです。ノートPCに接続すれば簡単に持ち運び可能なデュアルディスプレイ環境が手に入りますし、スマホゲームも簡単に大画面表示できます。

モバイル全盛時代において、モバイル液晶の威力は計り知れないのです。

NUCとの組み合わせでハイエンド環境も移動可能に

このモバイル液晶に加え、超小型PCとして注目されているNUCを組み合わせれば、簡単にハイエンド環境を持ち運べます。

NUCの代表格は「BOXNUC8I7HNK」でしょうか。AMD製のGPUが併設された新しいCPU「KBL-G」搭載のゲーミングPCです。このCPUのグラフィック性能はGTX1060を凌ぐと言われており、22センチ×4センチ×15センチ程度の薄型ボディからは想像できないような性能です。

辞書程度のサイズ感ですから、持ち運びも十分可能。これにモバイル液晶を組み合わせれば、持ち運び可能なハイエンド環境が出来上がります。

価格さえこなれればノートPCよりも良い選択肢に

ただし、NUC自体が12万円程度で、そこにストレージやメモリ、OSを加えると20万円近くまで価格があがってしまいます。

また、モバイル液晶もまだまだ高く、2万円から4万円前後が主流。合計で20万円台前半ですから、ハイエンドゲーミングノートと比べるとお得感が少ないでしょう。

それでも、デスクトップのように融通が利く環境を持ち運べるのは、非常にありがたいこと。価格さえ安くなってくれれば、「持ち運べるデスクトップ環境」が簡単に実現できるかもしれませんね。

持ち運ぶ必要がなく、程良い小型が欲しいなら「超小型!省スペースなデスクトップゲーミングPC」で紹介しているモデルがおすすめです。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年2月更新

2019.02.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01