パソコンなしでゲーム実況は可能?できる事・できない事

昨今では、Youtubeやニコニコ動画、そしてツイキャスなどで広く「ゲーム実況」という娯楽が普及しています。実況者が楽しそうにゲームをプレイしてみせたり、リスナーとのオープンなコミュニケーションに魅せられて、多くの方が「自分もゲーム配信者になってみたい!」と感じていることでしょう。

しかし、そこで生じる疑問が一つ。「パソコンがないとゲーム実況ってできないの?」「スマホだけでできる方法ってないの?」といったテーマです。

Androidならゲーム実況の選択肢は多少広い

AndroidはiPhoneやiPadといったiOSの端末と違って、画面の動きを動画として保存したり、外部にキャプチャーするためのアプリが非常に豊富であることが特徴です。

そのため、例えばYoutubeで動画投稿を主軸として活動したい方であれば、「動画を撮影する」→「ファイルとして端末内に保存」→「Youtubeに専用アプリで投稿」という一連の作業を、Androidの場合は端末一本でできてしまうのです。詳しい説明は省きますが、Android端末のほとんどではこうした動画ファイルの操作性において自由度が高いことを覚えておくとよいでしょう。

ツイキャスやYoutubeLive、ニコニコ生放送なども、Android端末では問題なく行うことができます。ただ、端末のスペックによっては「動作が重い」「カクつく」という声があがっているのも事実で、何かしらシステム内部のややこしい設定が必要になることもあるので注意です。

iPhoneはAndroidよりも制限が圧倒的に多い

iOSの場合には、画面をキャプチャしたりリアルタイムで録画をするといった機能に制約が多いです。というのも、昔はこのような基本的な画面の録画機能がサポートされたアプリがありました。しかし、今では消されています。iPhoneで画面を録画するには、パソコンと連携するか脱獄と呼ばれる端末の改造をするしか方法がありません。

ただ、ツイキャスやYoutubeLiveなどにおいては、現在でも問題なく配信は可能です。しかし、こちらもスマホの画面をキャプチャして放送に映し出すということまではできないようです。

iOSでゲーム実況をするなら「パソコンにキャプチャ」か「直撮り」

直撮りとはスマホにもともと備わるカメラ機能で、直に撮影することです。当然、画質はかなり落ちますが、この方法でもできないわけではありません。ただ、視聴者にとってもそれがストレスのない視聴環境かどうかはまた別の話でしょう。

どう考えてもパソコンを使ったほうが快適にゲーム実況できるので、ゲーミングPCは持っておいたほうがいいです。他にも必要なものがあるので「パソコンでゲーム配信をするために必要なもの」を参考にしてください。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年5月更新

2019.05.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01