無線LAN(WiFi)が使えるデスクトップゲーミングPC

ゲーミングPCをインターネット接続する方法は2つあります。ひとつはルーターとゲーミングPCをLANケーブルで接続する方法です。これを有線LANと呼びます。もうひとつは電波でやり取りする無線LANです。WiFiと呼ぶこともありますね。

きっとあなたは自宅でスマホを使っているときは無線LANに接続していることでしょう。しかしデスクトップゲーミングPCはそうもいきません。

デスクトップとノートPCの違い

デスクトップPCとノートPCの違いのひとつにインターネット接続方法があります。普通はデスクトップPCだと有線LAN接続し、ノートPCだと無線LAN接続します。

これには理由があり、一般的に販売されているパソコンを見ると、デスクトップPCには無線LAN接続の機能がなく、ノートPCにはあるのです。

でもこの記事を読んでいるあなたはきっとデスクトップPCを無線LAN接続したいのだと思います。ノートPCやスマホと同じようにWiFiが使えるようにする方法をここからご紹介します。

無線LAN子機が必要

デスクトップゲーミングPCを無線LAN接続する方法は実は簡単です。無線LAN子機を買えばいいだけです。無線LAN子機とはルーターとWiFi接続するためのパーツ、あるいは周辺機器で、Amazon等ですぐに買えます。

無線LAN子機には内蔵タイプとUSB接続タイプの2種類があります。私はUSB接続タイプをおすすめします。わざわざデスクトップのサイドパネルを開けて取り付ける必要がありません。USBに挿すだけですぐに使えます。それにPC内部のノイズの影響を受けにくいメリットもあります。

ゲーミングPC購入時に無線LAN子機を買う

あなたがこれからデスクトップゲーミングPCを買おうとしているなら、カスタマイズ画面をよく見てください。おそらくどのBTOメーカーでも周辺機器の項目に無線LAN子機があるはずです。

基本的にどれも安く、ゲーミングPCの予算を圧迫しません。ただある程度高級なもののほうが、アンテナがしっかりしていてインターネット接続が安定します。

例えばドスパラのデスクトップゲーミングPCを見てください。どれでもいいのでモデルを選び、カスタマイズ画面に進むと下の方に「無線LAN子機」の項目があります。ここにチェックを入れてゲーミングPCを買えば、無線LAN子機も一緒に送られてきます。

あるいはAmazonで別途探すのも手です。こちらの「無線LAN子機」の検索結果を見ると本当にたくさんの製品が見つかります。USB接続タイプで評価の高いものを買えばOKです。

無線LAN内蔵デスクトップを買う

無線LAN子機を選んだり設置したりするのが面倒なら、最初から無線LAN接続に対応したデスクトップゲーミングPCを買いましょう。海外製のゲーミングPCだとそういうデスクトップが充実しています。

例えばDELLのAlienwareは多くのデスクトップゲーミングPCに無線LANが最初から内蔵されています。BTOパソコンに比べると高額なのが弱点ですが、初心者向きですしサポートもしっかりしているので意外とおすすめです。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2019年8月更新

2019.08.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2019.01.01