レインボーシックスシージで60fps、144fps出せるおすすめゲーミングPC

steamのプレイヤー数でも常に10位以内に入っているレインボーシックスシージ(Rainbow Six Siege、R6S)。日本でもとても人気がありますよね。

索敵こそが重要なゲームではありますが、やはり最終的には撃ち合いで勝負が決まります。だからこそせっかく先に撃ったのにスペックが足りずにカクカクしたせいで負けるなんて嫌です。

だからレインボーシックスシージが上手いプレイヤーは全員が良いスペックのゲーミングPCを使っています。60fps以上、あるいは144fps以上で安定させることが勝つ秘訣です。

レインボーシックスシージの動作環境と推奨スペック

ではどれくらいのスペックならレインボーシックスシージがサクサクになるのでしょうか。steamに掲載されているレインボーシックスシージの最低動作環境と推奨スペックを確認してみました。

最低動作環境

OS Windows 7 / 8.1 / 10 64bit
CPU Intel Core i3 560 @ 3.3 GHz
メモリ 6GB
グラボ NVIDIA GeForce GTX 460

推奨スペック

OS Windows 7 / 8.1 / 10 64bit
CPU Intel Core i5-2500K @ 3.3 GHz 以上
メモリ 8GB
グラボ NVIDIA GeForce GTX 670 (or GTX 760 / GTX 960)

参考にすべきなのは推奨スペックです。最低動作環境通りのゲーミングPCを使ったとしてもカクカクします。

CPUの「Core i5-2500K」は4コア・4スレッドのCPUです。とりあえず4コアあれば大丈夫です。どちらかと言えばコア数よりも動作周波数を重視したほうがいいです。

メモリは8GB以上にしましょう。レインボーシックスシージはOS込みで約4GB使用するので、8GBがベストです。さすがに16GBは必要ありません。ただ、配信をするなら16GBあったほうが安定します。

グラフィックボードはGTX960以上が推奨されています。最新のGTX10シリーズに換算するとGTX1050Tiが該当します。ただ、144fps以上で安定させたいならGTX1060のほうがおすすめです。今後のアップデートで重くなる可能性もありますからね。

レインボーシックスシージにおすすめのゲーミングPC

ではレインボーシックスシージで60fps、144fps出せるおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア DH」


「予算は10万円程度」「60fps出せれば十分」という人におすすめなのが、このデスクトップです。税込みで11万円以内で購入できます。

6コア・6スレッド、動作周波数は最大4.1GHzのCPU、メモリは8GB、グラフィックボードはGTX1050Tiなのでレインボーシックスシージ推奨スペックを少しだけ上回る性能です。このスペックでは最安値のゲーミングPCです。

ドスパラ「ガレリア XT」


やはり勝ちたいなら高リフレッシュレート対応モニターと一緒に144fps出せるゲーミングPCを使うべきです。60fpsと144fpsとでは2倍以上ヌルヌルさが違います。もうエイムのしやすさが断然変わります。当然勝率にも大きく影響します。

144fps出したいならGTX1060搭載ゲーミングPCがおすすめです。CPUは4コア・8スレッド、動作周波数が最大4.2GHzとなかなか高性能です。もしも配信をするならメモリを16GBに増やすのもいいでしょう。ガレリア XTはドスパラでランキング2位の大人気ゲーミングPCです。

G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i5560GA1」


レインボーシックスシージをノートPCでプレイする場合は、60fpsを目指してください。液晶モニターが60Hzまでしか対応していないからです。

ただ、CPUの性能はデスクトップよりも大幅に下がるので、その分グラフィックボードをちょっと高性能なものを選んだほうがフレームレートが安定します。ということで、GTX1060搭載ゲーミングノートPCがおすすめです。ゲーミングノートPCはG-Tuneが一番コスパ抜群です。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2018年12月更新

2018.12.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2018.11.24