LoLで60fps、144fps出せるおすすめゲーミングPC

LoLが日本でここまで流行するとは思いませんでした。RTSは全然人気ありませんでしたからね。アクションゲームとしての操作性や爽快感が増した結果なのでしょう。

それとLoLは非常に軽いのでハイスペックゲーミングPCを所持していなくても気軽に遊べることも大きいはずです。かつてサドンアタックが日本で人気になったのと同じ流れです。

軽いとは言っても一応はゲーミングPCが必要です。カジュアルプレイヤーは60fpsで遊んでいると思いますが、プロゲーマーを含めたトッププレイヤーはみんな120fpsや144fpsでプレイしているため、高fpsを出せるスペックを探っていきます。

LoLの最低動作環境と推奨スペック

LoLには最低限動く「最低動作環境」と、これくらいなら快適だよという「推奨スペック」があります。

最低動作環境

OS Windows XP/Vista/7/8/10
CPU 2GHz
メモリ 1GB
グラフィックボード Shader version 2.0 対応

最低動作環境はLoLの解像度を低くして30fpsくらい出せればいいや、くらいですから快適ではありません。少なくとも勝つためのスペックではありません。

推奨スペック

OS Windows XP/Vista/7/8/10
CPU 3GHz
メモリ 4GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce 8600M GT以上

LoL推奨スペックでもまだ軽いですね。最近のゲーミングPCならメモリは8GB以上、グラフィックボードは推奨されているものより何倍も高性能です。

LoLのベンチマーク

推奨スペックを見てもどの設定でどれくらいfpsが出るのかはまったくわかりません。LoLをプレイするなら高画質・高解像度のほうがいいですから、その上で60fps、144fps出せるかどうかが肝心です。特にアスペクト比は16:9のほうが広範囲を視界に入れられるので1920×1080がおすすめです。

LoLのベンチマーク動画を探してみたのでご紹介します。

GTX1050Ti

300fps以上で安定しています。200台まで落ち込むこともありますが、144fpsを下回ることはありません。GTX1050Ti搭載ゲーミングPCなら13万円程度で購入できますから、LoLプレイヤーには嬉しい結果ですね。

GTX1050

GTX1050搭載ゲーミングPCでも200fps以上です。LoLにはハイスペックどころかミドルスペックすら必要ないことがわかりました。CPUはCore i7ではなくCore i5で十分です。メモリは8GBでOKです。

LoLにおすすめのゲーミングPC

激安ゲーミングPCで144fps以上出るので60fpsを目指す必要はありません。安くてコスパも良いLoLにおすすめのゲーミングPCをいくつか探してみました。

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV」


なんと8万円台の激安ゲーミングPCです。GTX1050 + Core i5 + メモリ8GBですから、まさにLoLにぴったりなスペックです。こんなに安くてもLoLで200fps以上出せるなんて凄いですよね。

でもストレージだけはカスタマイズしてください。このデスクトップはHDDだけしか搭載されていません。HDDだけだとパソコンが遅くてうんざりします。必ず240GB SSDを追加して、SSD + HDDにしましょう。

ドスパラ「ガレリア DH」


他のPCゲームもプレイするならGTX1050Tiのほうがおすすめです。GTX1050より高性能なだけでなくコスパも優れています。GTX1050Ti搭載ゲーミングPCって実は希少です。(G-Tuneにはありません)

G-TuneのGTX1050搭載モデルに比べるとCPUもかなり高性能です。ゲーム中よりも普段使いの快適性に影響してきます。ストレージはしっかり120GB SSD + 1TB HDDになっていますが、SSDは240GBのほうがいいです。

G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i5330GA1」


ノートPCの液晶は高リフレッシュレートに対応していません。だからわざわざ300fpsとか出す必要がないのです。LoL用ゲーミングノートPCを探しているなら最安値のモデルで十分です。

GTX1050搭載ゲーミングノートPCの最安値はG-Tuneにあります。とはいえストレージは超重要ですからブロンズモデルではなくゴールドモデルをおすすめします。

ゲーミングPCのキャンペーン・セール 2018年12月更新

2018.12.01

コスパ最強のおすすめゲーミングPC

2018.11.24